羽生結弦グランプリファイナル2015で涙!? 音楽の”陰陽師”とは?

羽生-2

フイギュアスケートの美しさの中に、選手が選ぶBGMがありますが、それぞれの国を代表する選手ですので、ともかく一流の上品な曲を選定し、振り付けや演技を工夫し、磨き、試合に臨んでおります。

過去にも日本をイメージする曲を選んだ選手も幾人かおりますが、今回ほど印象に残った曲はありませんでした。いったいそれはどんな音楽なのでしょうか?調べましたので、共有します。、

スポンサーリンク

NHK杯における前人未到の300点超えが世間を賑わせた2015年11月28日(土)の時、改めてその実力を世界に誇示したあの日から、わずか2週間!

12月12日(土)にバルセロナで行われたグランプリファイナルで叩き出した時、割れんばかりの拍手をいただいたのです。

スコアは、なんと330・43点!!再び世界記録を更新した羽生結弦は、大会史上初の3連覇を達成してみせた。

世界が驚き、騒然となった!「神がかり!」「神の領域」「降臨した」など考えられない表現があいついだのです。

羽生選手が「日本」を世界に認めさせた。フリーのテーマ「陰陽師(おんみょうじ)」の世界を演じるためにこの夏、安倍晴明をまつる京都の晴明神社を参拝しました。

日本文化への理解を深め、表現力を高めるためでした。和風のプログラムは、今まで数々の日本人男子スケーターが挑戦しながら、認められなかったのです。

世界最高得点に加え、もう1つの壁も破ったのは、日本人の誇りになって行くことでしょう!!

今季、表現の幅を広げるため自ら選んだテーマは安倍晴明!愛読する作家夢枕獏原作の映画「陰陽師」のテーマ曲をアレンジし「SEIMEI」と名前も付けた。親しみと愛をもって、新たな挑戦に臨もうとしたのです。

7月2日、深い理解を求めて、晴明神社を訪ね、境内に入るとすぐに「気を感じる」と周囲に漏らし、警戒する様子を見せたそうです。

神の存在を演じることへの恐れが一気に湧いたようのでしょう!特別に見せてもらった非公開の肖像画に見入り、ご神木である樹齢300年のクスノキに手をあててパワーを受け取ったのです。

スポンサーリンク

まるで晴明公に許しを請うように、10分もあれば見尽くせる境内を、1時間かけて集中して回ったのです。

この日の演技前に晴明公の紋である星印を胸に描き、祈るように天を仰いだ。心を込め、演じきった。これは演技の一部のようでもあり、”祈り”の動作でもあったのでしょうか?

男子フィギュア界にとって「和物」は壁だった!佐野稔、五十嵐文男、鍵山正和、本田武史…。70年代から数々の日本を代表するスケーターが日本の曲を使いながら、世界大会で評価を得られなかった。

佐野は七五調を基にした「荒城の月」、本田は民謡「木曽節」を使い、鍵山は法被を着て滑ったことがある。すべて理解されなかった。それはなぜなのか?

なぜ羽生の陰陽師が評価されたのか!?現在、浅田真央や男子の小塚を教える佐藤信夫コーチは変化をこう分析しました。

「昔はスケートは欧米人がやるものだったから、日本文化が理解されない部分は確かにあった。だが今はアジアの選手もたくさんいて、状況は変わってきている」。

羽生選手が、日本の伝統的な節、踊りを伝えられるだけの高い技術、表現力を持っていたことも大きかった。

すなわち、”食”であれば食習慣が異なっても”おいしい”だけで訴えることができるが、このような場合は、”高い技術に裏打ちされた演技の高さと表現力”が相まって訴えることができるということなのであります。

ホームの声援が、力になった部分もある。12月、スペインで行われるGPファイナルで再び「日本」を世界に発信する事となるのです。

◆晴明神社(せいめいじんじゃ)

 京都市上京区にある神社。平安時代中期の天文学者である安倍晴明公をまつる。晴明の活動拠点だった屋敷跡に晴明の死後、一条天皇が1007年(寛弘4)に創建。念力により湧かせたとされる井戸「晴明井」などがあり、パワースポットとして知られる。(出典:ウイキペディア )

◆「陰陽師(おんみょうじ、おんようじ)」

古代日本の律令制下において中務省の陰陽寮に属した官職の1つで、陰陽五行思想に基づいた陰陽道によって占筮(せんぜい)及び地相などを職掌とする方技(技術系の官人。技官)として配置された者を指すが、それら官人が後には本来の律令規定を超えて占術や呪術、祭祀を司るようになったために陰陽寮に属する者全てを指すようになり、更には中世以降の民間において個人的に占術等を行う非官人の者をも指すようになり、声聞師と重ねられることもあって「声聞師」と呼ばれる場合もあった。現代においては民間で私的祈祷や占術を行う者と定義付けられており[要出典]、中には神職の一種のように見られる者も存在する。(出典:ウイキペディア )

◆映画「陰陽師」簡単なあらすじ

稀代の陰陽師安倍晴明(あべのせいめい)は京が滅びようが「我関せず」という性格の飄々とした男。(晴明:欲深な貴族たちが苦しもうが、私には関係ないね)
しかし、星の定めし運命の相手源 博雅(みなもとのひろまさ)と出会い、彼のやさしい人柄に惹かれ、親友になる。(晴明:「博雅はいい男よのう」)
京の都の崩壊を願う陰陽師道尊(どうそん)は、様々な呪いを仕掛けてくるが晴明は、その呪(しゅ)をことごとく破っていく。(博雅:「頼む、晴明。あの人を救えるのはお前しかいないんだ」)
ついに道尊は150年前に封印されし邪悪なる怨霊を呼び出し、巨大な力を手に入れてしまう。
晴明は京の都を守ることができるのか!?
―――と、まあこのようなお話です。
(出典:http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/7736/Column/on001.html)

関連サイトはコチラ↓ ↓

⇒羽生結弦グランプリファイナル2015で涙!?得点表のスコアを公開!
⇒羽生結弦グランプリファイナル2015で涙!?“強さ”の理由とは?
⇒羽生結弦グランプリファイナル2015で涙!? ”強さは性格にあった!”
⇒羽生結弦グランプリファイナル2015で涙!? ”和 ”を世界に広めた!
⇒羽生結弦グランプリファイナル2015で涙!? ”ワンオクロック”とは?

スポンサーリンク

関連記事はコチラ