辺見マリを洗脳した犯人は?しくじり先生で告白!5億円は大きすぎ!(その5)辺見えみりに謝罪! 辺見マリの後悔!頼るのは家族!!

いつも私のブログにご訪問いただき、ありがとうございます(^v^)

辺見えみり

西田先生が推察する洗脳事件の全貌とは?

・すべての周りの人が仕組んだもので、
 最初の拝み屋の仕組みでしょう?
・ギャンブルに消えたお金は、かなり怪しいのです。
・詳しい弁護士を探して訴訟を起こす方がよい!黙っている必要はない!

洗脳が長引いた理由があるのです。

スポンサーリンク

それは、
「途中でやめる勇気がなかった。」ことです。

えみりには、
「言葉では言い表せない迷惑を」かけたのです。
家族は、
「こんな私を信じて、温かく迎え入れてくれた」のです。感謝です。
よかったと思うのは、
「洗脳が解けて、両親を安心させとこと」です。
そして、
「両親の介護をして、見届けることができた」です。

と言って涙したのです。

銀行や、知人からの借金はすべて返済したので、
最後に、やらなければならないことは、
「勝手に使った、娘のギャラを返すこと」です。

16歳のえみりが母を思い作った歌は、

2001年芸能生活30周年のパーティで、
「MAMA」作詞 辺見えみり

大きな瞳を閉じたら、星空が見れた
ママみたいになりたい、星空で祈ってた
ずーとそばに居てと、抱きつきながら
私はいつも隣にいてあげる
ママには守ってくれる人がいない
だから私守ってく

<涙した熱唱する>

私だけのままには、笑ってほしい
小さい私だけど 思ってたよ
いつも~~

ーーこんなお母さんだけどよろしくお願いいたします(えみり)ーー

最後に、
「大切なのは、神様の言葉ではなく、家族の言葉!」で、

洗脳されていたときは、

「神様の言葉に従えば、家族が幸せになると思っていた」のです。
しかし、
「それは家族を不幸にしただけでした。」

「特別な言葉は必要ないのです。
どんなことがっても自分を信じてくれる
家族の言葉を一番大切にする言葉なんです。」

と涙して訴えたのです。

「今も洗脳されている人たちがいるとおもいます。
その周りの人たちで苦しんでいる人も、
この番組を見ているなら、声を掛けてあげてください!」

と涙ながら訴えて終了したのです。

今内容は、大変濃いもので、その過程、手口が
これほど明確に示されたのは、初めてです。

大変参考になると思い、出来るだけ
忠実に表現したつもりです。

長くなりましたが、参考になれば幸いです。

関連記事は以下をご覧ください。
⇒辺見マリが洗脳されていた?!拝み屋に5億円貢ぎこんだ真相とは?(その1)
⇒辺見マリが洗脳されて5億円寄付?? 洗脳の怖さ!!(その2)
⇒辺見マリ 拝み屋に洗脳されて5億円寄付??(その3) しくじり先生で涙!
⇒辺見マリ 拝み屋に洗脳されて5億円寄付??(その4)写真集出版!

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^v^)


関連記事はコチラ