辺見マリを洗脳した犯人は?しくじり先生で告白!5億円は大きすぎ!(その4)

いつも私のブログにご訪問いただき、ありがとうございます(^v^)
辺見マリ-2

次に、拝み屋は、神の言葉として、
「仕事に復帰しなさい!」
と言ってきたのです。

そして、今度は、
「痩せなさい」と言われ、
20㎏の減量に成功したのです。

復帰するためのマネージャーは、
拝み屋が選んだのです。

それは、新拝み屋の兄でした。

スポンサーリンク

仕事は、まず
「自叙伝の出版」でした。

本のタイトルは、「空白の1095日」(19992年発売)
で、休業中をネタにしてあら加勢しようというものです。

拝み屋の指示で、自叙伝の中に

「拝み屋とは幼馴染で、おしめを足り変えたことがあり、
再開したのが3年前、仕事のストレスからきた
体調の崩れでマカオへ!
生活費+αを稼ぐつもりで、ギャンブルをした。
計算通り勝ち進んだ!」

と真っ赤なウソを書かされtのです。

結構売れたが、すべて拝み屋にとられたのです。

さらに、マネージャーは、
「ヌード写真集」を作成する仕事を持ってきたのです。
蛇を巻きつけた「ヘアーヌード」だ田のです。

発売した時は、大変話題になったのですが、
洗脳中だとは誰にも知られていませんでした。

16歳のえみりは、いったんは認めたのですが、
出かけるとき、玄関前で
「行かないで」と泣いたのです。

辺見は、今行かないと全部がだめになるので、
「やめるわけにはいかなかった!」
のです。

契約金は、二千万円でしたが、
すべて拝み屋のギャンブルで霧散したしまったのです。

追い打ちをかけて、拝も屋は、神のお告げとして
「ダイエット教室」の開設を提案した来たのです。

20キロの減量の経験があるので、
多くの生徒が集まったのです。

生きがいを感じていて、
生徒さんには大変感謝されたのです。

ところが。拝み屋は、これ以上お金を吸い取れないと感じ、
入会金二千万円を持ち逃げしたのです。

そこで、辺見には、
「心の奥底からの”怒り”」
がわいてきたのです。

それには、拝み屋のしくじりがあったのです。
「仕事に復帰しなさい!」
がそれで、
「辺見と社会との繋がりを戻した」
ことになるのです。

スポンサーリンク

目先のお金の欲しさのために、社会へ戻したのです。
その結果、辺見はいろいろの人と
コミュニケーションを取るようになったのです。

その時に、二千万円の持ち逃げ事件に接し、
「自分が信じて用意したお金」より、
「自分を信じて用意した二千万円のお金」
は重いことに気がついたのです。

社会とのつながりで、いろいろの考え方や、
やさしさに触れることによって、
普通の判断ができるようになったのです。

そして、怒りがこみ上げて、
「洗脳が解けた!」のです。
ようやく目を覚まし、洗脳から解けたのです。

<辺見は涙ながら、報告していたのです。>

すると、性懲りもなく拝み屋が
ラスベガスから、お金を遅れとの連絡が入り、

「ふざけんなよ~!!!」

と叫んだのです。

拝み屋「お金二千万円送ってほしい!」
辺見「何言っているのよ!もうお金難正せない」
拝み屋「マリさん、お金出さないと不幸になるわよ!」
辺見「ふざけんなよ~!!」

kれで完全に洗脳から解放されたのです。

失われた金額は、五億円で
期間は13年間(1988~2001年)です

とんでもない金額と時間をつぎ込んでしまったのです、
え美里は11歳から24歳になっていました。

その後、警察に捜査を依頼しましたが、
いまだに解決はしておりません!

自分が考えれば考えるほど損をしてゆくようで、
こんなに幸せになったのだから”いいんです”と
諦めたように言っとりました。

関連記事は以下をご覧ください。
⇒辺見マリが洗脳されていた?!拝み屋に5億円貢ぎこんだ真相とは?(その1)
⇒辺見マリが洗脳されて5億円寄付?? 洗脳の怖さ!!(その2)
⇒辺見マリ 拝み屋に洗脳されて5億円寄付??(その3) しくじり先生で涙!
⇒辺見マリ 拝み屋に洗脳されて5億円寄付??(その5)辺見えみりに謝罪! 辺見マリの後悔!頼るのは家族!!


スポンサーリンク