斎藤由貴の不倫相手医師がパンティーを被った?ヤバすぎる写真流出?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

斉藤由貴と不倫医師の元破廉恥な写真が流出しました。

自撮りの「キス写真」でもかなり衝撃だったのですが、

今度は、自宅で撮られた写真のようです。

斉藤由貴は、「不倫」を認め謝罪しました。

いったい何が起こっていたのでしょうか?

早速、迫ってみました。

関連記事は以下にもあります。

斉藤 由貴のダイエット方法が雑誌で評判になったが、ダブル不倫も発覚した?【文春砲】の記事はコチラ

斉藤由貴の不倫報道で“カンナさーん”“西郷どん”の降板はあるか?の記事はコチラ

斉藤由貴の自撮りキス写真が流出!相手は医者!離婚回避できるか?の記事はコチラ

スポンサーリンク

不倫相手のパンツ被り画像は?

自撮りの「キス写真」が流出したばかりでが、今度も2年前のようですが、

リビングルームで果物を頬張る男性の写真で、冒頭のパンツを被った画像は紛れもなく、

不利相手の医師なのです。

背景に斎藤の家族写真が貼ってあることから斎藤さんの自宅なのです。

斎藤さんは、記者会見で、

「自宅に往診に来ていただくこともあります。」

と言っていましたが、追う進とはこのことだったのでしょうか?

この画像は、自撮りではなく明らかに斎藤さんがシャッターを押しているのです。

佳人のいない好きに自宅で会うと言う背徳の行為に、

舞い上がってしまったような驚きの行動なのです。

斎藤さんは、レギュラー出演するラジオ番組「オールナイトニッポンMUSIC10」で、

「飯がまずい毎日を過ごしております。」

とため息をついていたのです。

今後は、いばらの道が待っております。

TV,CM,映画などの出演回数に影響するのは避けられないようです。

スポンサーリンク

斉藤由貴の謝罪は?

昨日の謝罪コメントはかなり踏み込んだものになりました。

以下はその全文です。

「まずは応援してくださっている皆さま、関係者の皆さま、
ご迷惑、ご心配をおかけして本当に申し訳ありません。

まず最初に、今回のことは、全て私の責任です。
今後お仕事で派生するペナルティーは、覚悟してお受けいたします。
斉藤にやらせよう、とせっかく依頼してくださったのに、本当に申し訳ありませんでした。

また、先日の会見では、本当のことをお話しできず、誠に申し訳ありませんでした。
子供達が目にすることを考えると、あの公の場で何もかもお伝えすることは、
私にはどうしても出来ませんでした。

お相手の男性に、女優としても、女性としても、頼りすぎてしまいました。
でも、もう、終わりにしました。

先方のご家族には、今更謝罪する資格もありませんが、お詫びいたします。
本当に、辛い思いをさせ、苦しめてしまったこと。

この場をお借りしてお詫び申し上げます。

主人には先日、ありのままを話し、謝罪しました。
このような状況であるにも拘わらず

『今は子供たちのことを第一に考えよう、お互い努力し直そう』

と言ってくれました。

この先のことは、今後もよく話し合っていけたらと願っています。

それから教会のことですが、私の行動により教会への揶揄、誹謗中傷がありますが、
これはあくまで私一人の軽率な行動結果なのです。

教会とはなんら関係のないこと、どうか、どうかご理解下さい。

実は先日、私から地元の教会の指導者に、除名処分をお願いしましたが、

「教会のために由貴さんがいるのではない、由貴さんの人生のために教会があるのです」

というお言葉をいただきました。

でも、それに甘えていいとは思っておりません。

また、週刊誌に掲載されている写真などについては、
事務所から警察に相談しております。

今回、今後出されるかもしれない画像などへの言及は
避けるよう指示されていますこと、ご理解下さい。

最後に、報道関係の皆様

子供たちは今回の件に関して、大変悲しんでおります。

何卒、自宅への取材は避けていただけるようお願い申し上げます。
斉藤由貴」

(出典:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170911-OHT1T50157.html)

斎藤幸雄過去の不倫と今回は?

斎藤さんが不倫を認めるのは、これで3度目となるのです。

最初は、今から26年前(当時24歳)、相手は、人気ミュージシャンの「尾崎 豊」さん。

尾崎さんへの感情は「同志みたいな感じ」と、自らの思いを率直に語ったのです。

2年後には(当時26歳)、再び不倫が報じられました。

そのお相手は、川﨑麻世さんだったのです。

会見では、

「とにかくなんで私と言う人は、いつも毎度こんな風になってしまうのかな

と言う気持ちがしますけど、恩党の学ばない人間なんだなと

自分のことながら悲しい気持ちです。」

しかし、今回は“3回目の振り報道から卒業したいと思うか?”

と聞かれて、

「なんか今考えているのは、なんか気の利いたことを言った方が

いいのかなと考えていますけど、そういう場じゃないし、

なんて答えていいかわからないです。」

“一戦は超えられていないんですか?”には、

「そう言うことではないです。」

と、ためらいながら不倫を否定したのです。

何故、斎藤さんは、最初の謝罪関係で率直に答えられなかったのか?

それは、斎藤さんのコメントによると、

「子供たちが目にすることを考えると、あの公の場で何もかもお伝えすることは、

私にはどうしてもできませんでした。」

この言葉こそが、“斎藤さんの思い”のようです。

子供の存在が大きく(後ろゆび指されたり、からかわれたり、)

子供たちが傷つくことを心配して本当のことが言えなかったのです。

心の奥に閉じ込めておいたけど、嘘は着けなかったのです。

二度にわたる写真流出で、否定しきれなくなったのです。

また、二人が終止符を打ったこともあったようです。

「お相手の男性に女優としても、女性としても頼り過ぎてしまいました。」

と不倫を認めたのです。

パンツ被りの写真は、完全プライベートの写真で、

まさかこんな形で流出するとは思ってもいなかったのです。

男にとってはかなり恥ずかしい画像なのです。

スポンサーリンク

斉藤由貴の不倫の代償は?

「全ては私の責任です!ペナルティはすべてお受けします。」

と話した斎藤さんにはいばらの道が待っているのです。

◆ ラジオ:14日には、「ラジオ・ニッポン放送(レギュラー)」で何を話すか?

◆ テレビ:Eテレ「物理番組レギュラー」・・母親役

TBS・ドラマ(7~9月)・・母親役

◆ 映画:公開中「三度目の殺人」・・母親役

未公開「いぬやしき」他2本・・母親役

◆ CM KDDI、「au」, ・・母親役

ネミネット「天使のララ」

母親役であることが重要で、「対応を検討中」のところもあり、

今後の影響が避けられないことでしょう!

50代なので母親役が多くなっているので、“負”のイメージが強いのです。

ネットの声は?

意外にも“俳優”なんだから“いいじゃない”と言う意見もあるのには

驚きですね!

世の中の常識が狂ってしまいそう?

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

お笑い芸人がパンツを被るなら許せても、

不倫相手の前では、恥ずかしいですよね!

なんでそんなに盛り上がってたかが気になります。

また、今後の斎藤さんの行動が気になりますね!

◆ 不倫相手のパンツ被り画像は?

◆ 斉藤由貴の謝罪は?

◆ 斎藤幸雄過去の不倫と今回は?

◆ 斉藤由貴の不倫の代償は?

◆ ネットの声は?

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ