渡辺和子の本【置かれた場所で咲きなさい】「学生の自殺」と「98%の信頼」とは?

いつも私のブログに訪問いただき、ありがとうございます。

渡辺和子ー9
「学生の自殺」への教えと「98%の信頼」とは?

【置かれた場所で咲きなさい】

から学ぶ教えとは?なにか?
以下にそのカギがあった。

【金スマスペシャル】で10月30日に放送されました。
そこから概要をあ伝えします。

スポンサーリンク

50年の間、学生と接してきたが悲しい知らせがあった!

「学生の自殺」

です。

渡辺さんは冥福を祈りながら、学生に話すのは、

【苦しい峠でも必ず下り坂になる】

人はどんな険しい峠でも越える力を持っている。
そして苦しさを乗り越えて人ほど強くなれる。

その後の学内では、「大変だからもう少し頑張ってみる。」
といった前向きの考え方が浸透している。

長い人生、辛いこと、苦しいこと、悲しいこと、が必ずある。
そんな峠の頂点を超えれば、必ず下り坂はやってくることを覚えておきたい。

中居は「下り坂もしんどい」と言うと、
「そんな理屈をいう生徒はおりません」
「大変だがもちょっと頑張ってみます」と言います。
「そんな生徒を育てるのが私の使命なんです。」

ーーベストセラー本に学ぶ人生のヒント

【2%の余地】

これまで人間関係でも悩んだことがある渡辺さん!
学生たちにこんなことを伝えている。

「人は98%までしか信じてはいけない。2%は許すためにある。
これは全てにおいてそうだと思います。」

友達も夫婦も100%信頼するから許せないのです。
心に2%のゆとりがあれば間違いを許すことができるのです。

『相手もあなたも同じ考えを持たないで当たり前。人間は決して分かり合えない。
100%信頼した出会いは、帰って壊れやすいと思います。』

【信頼は98%、2%は相手が間違った時の許しの為に取っておく。】

「学生の自殺」への教えと「98%の信頼」とは?

【置かれた場所で咲きなさい】

から学ぶ教えとは?なにか?
以下にそのカギがあった。

【金スマスペシャル】で10月30日に放送されました。
そこから概要をあ伝えします。

50年の間、学生と接してきたが悲しい知らせがあった!

「学生の自殺」

です。

渡辺さんは冥福を祈りながら、学生に話すのは、

【苦しい峠でも必ず下り坂になる】

人はどんな険しい峠でも越える力を持っている。
そして苦しさを乗り越えて人ほど強くなれる。

その後の学内では、「大変だからもう少し頑張ってみる。」
といった前向きの考え方が浸透している。

長い人生、辛いこと、苦しいこと、悲しいこと、が必ずある。
そんな峠の頂点を超えれば、必ず下り坂はやってくることを覚えておきたい。

中居は「下り坂もしんどい」と言うと、
「そんな理屈をいう生徒はおりません」
「大変だがもちょっと頑張ってみます」と言います。
「そんな生徒を育てるのが私の使命なんです。」

ーーベストセラー本に学ぶ人生のヒント

【2%の余地】

これまで人間関係でも悩んだことがある渡辺さん!
学生たちにこんなことを伝えている。

「人は98%までしか信じてはいけない。2%は許すためにある。
これは全てにおいてそうだと思います。」

友達も夫婦も100%信頼するから許せないのです。
心に2%のゆとりがあれば間違いを許すことができるのです。

『相手もあなたも同じ考えを持たないで当たり前。人間は決して分かり合えない。
100%信頼した出会いは、帰って壊れやすいと思います。』

【信頼は98%、2%は相手が間違った時の許しの為に取っておく。】

スポンサーリンク

【この世に雑用という用はない。
用を雑に行ったときに雑用は生まれるのです。】

修道院に入りたての頃、朝5時の起床から始まって、
祈りとは別にさまざまな雑用をしなければならない。

100人分の配膳を早く終わらなければと、黙々とこなしていた。

「あなたは何を考えながら仕事をしてますか?」
「別に何も・・・」。と答えると思いもよらない言葉が、

「あなたは時間を無駄にしています」

「なぜでしょうか?私はきちんとお皿を並べておりました。」

いったいなぜ時間を無駄にしているのか?

「時間の使い方はそのまま命の使い方なのです。」

「同じ仕事をするなら、
一人ひとりのシスターのために祈りながら並べなさい」

と諭されて、このとき渡辺さんが感じたのは、

”この世に雑用という用はない”
”用を雑に行ったときに雑用は生まれる”

と云う事だったのです。

「これまで、”どうして私がこんな仕事を・・”って思い、
”つまんない・・・”って思い、顔だって仏頂面になりますよね!」

「前は”雑用”だと思った!ところが、”あぁそうじゃない!”
”雑用”だからこそ、私の祈りが込められる」

「この人は(祈りを込めた相手)変わるかどうかわからない。
私が変わるのです。」

【生きていく上では、嫌なこと、したくないこと、
欲しくないもの、気に入らない相手など、数々の自分にとって
”ありがたくない”物事に付き合わないといけないことがあります。

つまらない仕事を、つまらなくない仕事に変える術を、
若くして修道院で教えてもらえたことを私は、感謝しています。

幸せはいつも自分の心が決めることであり、
私たちは環境の奴隷ではなく、
環境の主人となり得る人間の尊厳を忘れてはいけないのです。】

『用を雑に行っ時に雑用は生まれる』

時間の使い方は、すなわち命の使い方なのである。

ことを教えられた言葉でした。

【この世に雑用という用はない。
用を雑に行ったときに雑用は生まれるのです。】

修道院に入りたての頃、朝5時の起床から始まって、
祈りとは別にさまざまな雑用をしなければならない。

100人分の配膳を早く終わらなければと、黙々とこなしていた。

「あなたは何を考えながら仕事をしてますか?」
「別に何も・・・」。と答えると思いもよらない言葉が、

「あなたは時間を無駄にしています」

「なぜでしょうか?私はきちんとお皿を並べておりました。」

いったいなぜ時間を無駄にしているのか?

「時間の使い方はそのまま命の使い方なのです。」

「同じ仕事をするなら、
一人ひとりのシスターのために祈りながら並べなさい」

と諭されて、このとき渡辺さんが感じたのは、

”この世に雑用という用はない”
”用を雑に行ったときに雑用は生まれる”

と云う事だったのです。

「これまで、”どうして私がこんな仕事を・・”って思い、
”つまんない・・・”って思い、顔だって仏頂面になりますよね!」

「前は”雑用”だと思った!ところが、”あぁそうじゃない!”
”雑用”だからこそ、私の祈りが込められる」

「この人は(祈りを込めた相手)変わるかどうかわからない。
私が変わるのです。」

【生きていく上では、嫌なこと、したくないこと、
欲しくないもの、気に入らない相手など、数々の自分にとって
”ありがたくない”物事に付き合わないといけないことがあります。

つまらない仕事を、つまらなくない仕事に変える術を、
若くして修道院で教えてもらえたことを私は、感謝しています。

幸せはいつも自分の心が決めることであり、
私たちは環境の奴隷ではなく、
環境の主人となり得る人間の尊厳を忘れてはいけないのです。】

『用を雑に行っ時に雑用は生まれる』

時間の使い方は、すなわち命の使い方なのである。

ことを教えられた言葉でした。

関連サイトはこちらです!!

⇒渡辺和子の”置かれた場所で咲きなさい”がヒロミを改心させた?
⇒渡辺和子【置かれた場所で咲きなさい】いったいなぜ修道女になったのか?二・二六事件との関係とは?
⇒渡辺和子【置かれた場所で咲きなさい】人間関係を良好にする愛の言葉とは?
⇒渡辺和子の本【置かれた場所で咲きなさい】「マザー・テレサの教へ」の基となるその生涯は?
⇒渡辺和子の本【置かれた場所で咲きなさい】”うつ病”の克服とは?”許す”とは
⇒渡辺和子の本【置かれた場所で咲きなさい】「ノートルダム清心女子大学の学長」の悩みとは?
⇒渡辺和子の本【置かれた場所で咲きなさい】「マザー・テレサの教へ」は”無関心”が最もつらい?

スポンサーリンク

関連記事はコチラ