恋愛の成否はホルモンの分泌が左右する!「デート中の男の脳内は?」

恋愛-3

【話を聞かない男、地図が読めない女】
(アラン ピーズ 、 バーバラ ピーズ (著))

には、男女の違いが多数の事例から、
説明されておりますが、
基底にあるのは、”ホルモン”の違いです。

男の精神に強力に影響を及ぼすホルモンというのは
テストステロン1種類のみですが、
女にはいくつも存在しているそうです。

スポンサーリンク

有名なものだけでも、「エストロゲン」「プロゲステロン」
「オキシトシン」「テストステロン」
の4種類もあるのです。

<女性ホルモン分布表>
恋愛-4(女性ホルモン)

「ホルモンって、性格や考え方に影響するの?」
と思った方もいるかもしれませんが、
ホルモンこそが、性格や考え方を決定付けている
といっても言いすぎではないくらいなのです。

テストステロンは別名 ”モテフェロモン” ともよばれ、
男性ホルモンの代表格で男を男たらしめるホルモンです。

女を本能的に惹きつける唯一の物質としても有名です。

<女性ホルモン年齢分布表>
恋愛-5(女性ホルモン)

エストロゲンは、女性ホルモンの代表格です。
女を女たらしめるホルモンで、
豊満な胸、くびれたウエスト、サラサラの髪、
プルプルの肌、高い声、分厚い唇、
そして一途な性格を作りあげるトマス言われております。

PEAは、恋愛系ホルモンの代表格と言われ、
別名は、ときめきホルモンと言われております。

恋愛の初期段階で多く分泌されるホルモンで、
性欲を高める、食欲を減退させる、眠気を吹き飛ばす、
集中力を向上させる、などの効果があると言われております。

驚くべきことに、人はこれを分泌させてくれた相手を
無条件で好きになってしまうのだそうです(笑)

SEXは男にとっては恋愛の終着点であるのに対し、
女にとっては出発点で、大きな違いこそあれ、
その後の2人を引きつけるだけの快感を
もたらすものであることも事実です。

こうしてホルモンの作用の概要を知ってしまうと、

恋愛やデートのときは、どうしても男の思考は
セックスに向きがちなのは明らかです。。

それを分かっている女性にしたら、

「どうせデートの間も、エッチな事ばっかり考えてるんじゃない!?」

スポンサーリンク

なんて思いがちですが、意外にもそれだけではない
ということを知って置くことは、

”モテない”と思っておられる女性、
”彼女ができない”と思っている男性には、

大切な情報です。

そこで、そんな男の頭の中を覗き込んで見ました!

”男がデート中にずっと考えてる3つのコト”

を調べてみました。

◆男って女に会った瞬間から、
本能的に「この子は本命派で、この子はお遊び用」と、
カテゴライズしているというのです。

なので、「彼女を家族に紹介したら、何て思うだろう!?」
なんて彼が想像してくれるということは、
あなたは本命派のカテゴリーに入っているということですね!

長期的な関係が期待できそうな相手だったら、
やはり、自分の家族に気に入ってほしいという願望があるので、
男もデート中にこんなことを考えてしまうんですね。

◆まだ体の関係がないうちのデートだったら男は、
これから起こるかもしれないことに妄想を走らせ、
ワクワクドキドキ状態になっています!

あなたの裸やどんなセックスになるのか想像し、
期待で胸が一杯になってしまっているのです。

会う前から”ホルモン”が最高に分泌します!

「このデートが終わったら、
 俺のことを何て友達に報告するんだろう……!?」と、
ふと不安もよぎっているのです。

◆男はデート相手との性格や趣味の相性をチェックするなどし、
自分に魅力を感じてくれているかどうかなども観察しています。
やはり、真剣交際に至るまでのデート期間って、
一種の面接みたいなものです。

相手が付き合う価値がある女性かどうか、
男も一生懸命見極めようとしているので、
エッチなことばかり考えているわけではない
ことを分かってあげてることが大切です。
勿論、エッチが大きいのですが、
そのことばかりかと思われがちですが、

先々のことを常に観察していることを
十分理解してお付き合いすることが
成功への近道なのです。

関連サイトはこちらです!

⇒”賢者タイム”を乗り切り「お泊りデートで彼に惚れ直させる方法とは?」で咲きなさい”がヒロミを改心させた?
⇒男と女の性欲(セックス)の違いと”男が朝起きてヤリ逃げしたくなっちゃう”心理とは?
⇒恋愛の成否はホルモンの分泌が左右する!「男性ホルモンの秘密」とは?


スポンサーリンク