恋愛の成否はホルモンの分泌が左右する!「男性ホルモンの秘密」とは?

いつも私のブログに訪問いただき、ありがとうございます。

恋愛-2

過去にベストセラーになった

<話を聞かない男、地図が読めない女>
(アラン ピーズ 、 バーバラ ピーズ (著))

をご存じだろうか?ここでは、

「男と女が異なる進化をしてきたのは、
その必要があったからだ。

男は狩をして、女は木の実や果実を採った。
こうして何百万年ものあいだに、
男と女の脳はちがう方向に進化していき、
その結果、情報の処理のしかたまで変わってきた。」

と「男と女は役割がちがう」ことから始まり、

男性ホルモン「テストステロン」
に基づく思考・行動をくまなく語られております。

スポンサーリンク

オトコの恋愛学を考えていくにあたって、
避けて通ることのできないのが
テストステロンという男性ホルモンの存在です。

テストステロンは一言で言うと、
男らしさを強めるホルモンです。

たとえオッサンでも、このホルモンさえ
多く分泌することができれば
女にモテるようになるといわれております。

テストステロンの分泌を促すものには、

①適度な栄養と睡眠
②筋肉トレーニング
③大きな野望と自信を持つ

実は女は、本能ではこれを多く分泌している
男に惹かれるのですが、
理性ではとても嫌うという習性を持っているのです。

スポンサーリンク

テストステロンが多い人の長所としては

①堂々としていて決断力もあり、自信に満ちている
②闘争意欲があり、自己主張もしっかりとしている
③たくましい体格と筋肉がある
④性欲が旺盛で、生殖能力も高い

テストステロンが少ない人の長所としては

①少ない人の長所倫理観が強く、浮気をしない
②平和主義で、やさしい
③社会的で、人あたりがいい
④家庭的で、子供の面倒見もいい

そして女はみんな、口を揃えて

「やさしくて男らしい人が好き」

と言います。

つまりテストステロンの多い男の長所と、
少ない男の長所を同時に合わせ持つ男が
いいと言っているのです。

デート中は、このホルモンが
多量に分泌されております。

しかし、現実にはそのような男は存在しないのです

男らしさと優しさは、共にテストステロンの分泌量によって
ほぼ決定されるワケですから、
水と油のように相反するものだからです。

そして一般には、若い女ほどテストステロンの多い男に惹かれ、
年齢を重ねるごとに少ない男に惹かれる傾向があります。

そこで、特に若い女性は、絶対知るべき
「男性ホルモンの秘密」があります。

仕事熱心になって家庭を顧みなくなってしまう男の行動(?)
実は“男性ホルモン”が影響していると判明しました。

この“男性ホルモン(テストステロン)”は、
男を仕事に向かわせるホルモンなんです。

<以下の図は、男女のホルモン分泌の
年齢による傾向です。>

恋愛-1

女性がホルモンの影響で月に一度
イライラしてしまうのと同じで、
男性にもしっかりホルモンの影響が起こっているのです。

<今後パートナーと上手くやっていくために必要な情報は>

①仕事を頑張る男をむやみに責めない事。

仕事熱心な男性が多く持つホルモン“テストステロン”は、
ストレスがかかると分泌が低下し、
不調やうつ状態に繋がってしまいます。

冷静に考えれば、全く仕事をしない男性より、
きちんと仕事をする男性の方が良いと思うのは当たり前ですよね。

「仕事も大事だと思うけど、最近ちょっとさみしいな」
なんて可愛いことを言っておけば、
朝も夜も男性はやる気満々になってくれますよ!

②男性が好む白熱系デートを選ぶことです。

男性が多く持つホルモン“テストステロン”は、
スポーツ観戦やサバイバルゲームといった勝負ごとで数値が上昇します。

スポーツ観戦といった、彼が白熱するデートコースを選んで、
彼の“テストステロン”を刺激してあげるとっぴのです。

③お互いのホルモンの違いを理解する事が大切です。

実は女性もホルモンの影響で愛情を優先しているんです。
そのホルモンの名前は“オキシトシン”。

“テストステロン”が社会という広い対象に向かうのに対し、
“オキシトシン”は身近な人間に対して愛情を注ぐホルモンなのです。

こういった両者のホルモン作用の違いから、
男女の行き違いが起きてしまうと言われております。

これを知っておけば、彼を一方的に
責めたくなる気持ちも和らぐと思います。

関連サイトはコチラです!

⇒”賢者タイム”を乗り切り「お泊りデートで彼に惚れ直させる方法とは?」で咲きなさい”がヒロミを改心させた?
⇒男と女の性欲(セックス)の違いと”男が朝起きてヤリ逃げしたくなっちゃう”心理とは?
⇒恋愛の成否はホルモンの分泌が左右する!「デート中の男の脳内は?」


スポンサーリンク