「世界野球プレミア12」日本が韓国戦に負けた”日本の反応”と”韓国の反応”は??

野球ー1

初開催となる「世界野球プレミア12」で
世界一を狙った野球日本代表「侍ジャパン」は
19日、東京ドームで行われた準決勝で
韓国と対戦し、3対4と逆転負けを喫した!

この結果は、以後長く
語り継がれることでしょう?

スポンサーリンク

経過はこうだ!

先発の大谷翔平が7回1安打無失点、
11奪三振の好投を見せ、韓国打線を封じ込んだが、
3点リードの9回に、2イニング目に入った

則本昂大がつかまり、3連打で1点を失うと、
3番手・松井裕樹が押し出し四球、

4番手・増井浩俊がイ・デホにレフト線への
タイムリー二塁打を浴び、逆転を許した。

小久保裕紀監督は

「大谷は7回でいっぱいいっぱいだった。
今日の負けの責任は自分」

と悔しさを押し殺すように話した。

侍ジャパンは21日、20日に行われる
米国対メキシコの敗者と3位決定戦を戦う。

<日本の反応>

◆「絶対勝たないといけない試合で負けたという事実、
非常に悔しい。その一言です。」

◆【訃報】戦犯楽天、則本・松井・嶋の刺客を
送り込み日韓戦をぶち壊す

◆経験の浅い、しかもこのところ調子の良くない
松井を出した時点で終わり。

◆まあ、最大の戦犯はピッチングコーチの
鹿取か 松井の顔みて気が付けよ

◆一番のクズは脱税小久保だろうが
松井が抑えなんてキチガイでも考えないことをやる

◆先発決めたら投手以外なにも動かさない
クズの典型じゃん

◆落合ならクローザーに若手なんて使わない
小久保は野球を解ってない

◆嶋の配球だな。
やっぱり最下位球団のキャッチャーを起用しちゃいかんな。

◆完全に油断 !則本2イニング
しかもノーカウント満塁まで替えない

◆9回表なんだ?何が起こってるんだ?
意味分からん ?気付いたら負けてた

スポンサーリンク

<韓国の反応>

◆「日本の監督は面白い人だね(笑)」
「大谷を下げた意味が分からない・・・」

野球ー2
◆マジでどうして大谷を下げたんだ・・・
誰が見ても9回まで無失点で無難に
投げてしまう勢いだったのにいったいどうして?

◆日本はなぜ投手交代したのか分からないですね。
ぶっちゃけ韓国の打者は大谷の攻略が全然できなかったし
投球数も7イニング投げた時で85球の水準なら
9イニングまで投げることができたのに・・・。

韓国人である私が見ても理解がよくできないですね。

◆もちろん代えてくれて本当にありがとう・・・だけど。

◆「李大浩が姑息な手を使った日本人を教育した」
卑怯な手段で優勝しようとした日本に韓国が
3:4で逆転勝ち! (韓国の反応→意味不明?)

◆李大浩が日本野球の心臓の東京ドームで
「侍号」を沈没させ、チームを決勝戦に導いた。

◆韓国は19日、日本東京ドームで行われた野球国家対抗戦
プレミア12日本との準決勝戦で日本に4-3の大逆転勝ちを収めた。

◆日本の怪物投手大谷昌平(21・ニッポンハム・ファイターズ)の
力投にまともな試合もできなかった韓国の選手らは
競技の最後のイニングに爆弾を浴びせた。

◆東京ドームを埋め尽くした3万人を超える日本の観衆は、
自国リーグで活躍する「朝鮮の4番打者」
李大浩を眺めながら呆然とした。

勝ち誇る様子が
鮮明に表現されております。

<北京五輪を思い出せ!>

2008年北京五輪 星野ジャパン
7番レフトG.G.佐藤隆彦(G・G佐藤)が、

準決勝韓国戦 8回裏2点ビハインド!
左中間に富んだ単純フライを落球し、
1点追加された。

結局日本は負けて金メダルの夢は断たれたのです。

この事実に本人は、

「本番に超弱かった」

と”しくじり先生”で明かしていた。

もともとマイナス思考だったこと、
08年はオールスターで目立つために
7月にピークを合わせるなど、

追加招集で準備不足だったこと、
さらにはその年の本職・右翼ではなく
五輪では左翼で起用されたこと
などを要因として挙げ、一つ一つの失策を分析した。

最初の失策は準決勝・韓国戦。

まずは2-0とリードした四回、
レフト線への打球をトンネルした。

このエラーで「もうボール飛んでくんな!」
と思ってしまったという。

そして2-4と逆転されて迎えた八回。

これ以上の失点は防ぎたかった場面で、
左中間へ大飛球。

打球を追いながら
「センターの青木が捕ってくれないかな…」と思い、

青木宣親外野手に向かって「アオキ!」と叫んだという。

結局は自身が落下地点に入ったのだが痛恨の落球。

適時失策となった。

この後のことは「記憶が全くない」と振り返った。

落球シーンは連日放送(ワイドショー)され、
妻のいる自宅や千葉の実家までマスコミが押し寄せ、
当時落ち込んでいた僕は妻に

”死にたい”

とメールを送ったのです。

このような現象が再現してはいけないが、

この事実は、この度の敗因の一部を
物語っているのです。

監督は、”日本の旗”を背負って戦う
選手のことをもっと理解する
必要があると思いませんか?

スポンサーリンク


関連記事はコチラ