指原莉乃、前人未到の3連覇!立候補最後の4つの理由は?【第9回AKB総選挙】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

指原莉乃と言えば、自他ともに認めるAKB48総選挙史上

初の2連覇を唯一達成した絶対的エースです。

しかし、その圧倒的な強さが逆に仇になっている!?

2017年の総選挙を最後という理由が判明しました。

卒業後はしないそうですが、どうするのか調べてみました

渡辺麻友 卒業 発表2017年 衝撃走る!その理由は3つが明らかだ!?の記事はコチラ

スポンサーリンク

指原莉乃のwiki風プロフ

◆ 名前:指原莉乃(さしはらりの)

◆ 愛称:「さっしー」「さしこ」

◆ 生年月日:1992年11月21日(24歳)

◆ 出身地:大分県大分市

◆ 血液型:O型

◆ 身長:159㎝

◆ 職業:アイドル、アイドルプロヂューサー、

◆ ジャンル:アイドル

◆ 活動期間:2008年~

◆ 家族:兄一人。

◆ 趣味:ヘッドフォン、イヤホン集め

◆ 事務所:太田プロダクション

AKB48 研究生(5期生)→チームB→チームA→HKT48 チームH

尾崎充とともにHKT48劇場支配人、山本学とともにSTU48劇場支配人を務める。

2007年AKB48 第二回研究生(5期生)オーディションに合格し、

芸能プロダクション会社AKSの所属タレントとなる

指原は私のようなルックスで事務所の不正な力で1位連覇はメンバーや世間に申し訳ないと思ってます。

渡辺麻友は指原にボロ負けなのが悔しいし納得いかないし、

そういうヤラセにウンザリしてるのだと思います。

これは山本彩も他のメンバーも心境は同じだと思います。

スポンサーリンク

指原莉乃の最後宣言の理由は?

指原莉乃は2015年、2016年と史上初の総選挙連覇を成し遂げ、

名実ともにエースになりましたが、

2017年で出場しても総選挙を最後にするという発言を、

ワイドナショーで言っていました。

何故なのでしょうか?

恐らく今年も総選挙に出ればほぼ1位を取れるということで、

3連覇に向けて意気込んでいるかと思いきや、実はそんなことはなかったのです。

今年で総選挙出馬を最後と言った理由には、

圧倒的な強さを見せた連覇した者ならではの理由がありました。

【総選挙で1位になっても批判の声の方が多かった!】

ルックスも良くなく(自ら言っている)、実績もないのに1位になれたことが、

世間では不思議に思われたのです。

後でわかったのは外国の恣意的力が働いたとの噂さが広がった。

【圧倒的過ぎて順位が固まってしまう】

3度も1位を重ねること自体が異常です。

優勝の弁でも、“ブス”で“実績もない“と自ら言っていたのです。

【事務所の力と思われている?】

「私のようなルックスで事務所の不正な力で1位連覇はメンバーや世間に申し訳ないと思ってます。」

と述べているのです。

【キレイな身の引き方をしたい】

ということで、強すぎるが故の理由が存在していました。

アイドルだからという性質から、中には妬んだり、

理由もわからずに嫌いになり批判したりする人もいます。

史上初の3連覇をしたという事実は消えないので、

ここで身を引くのもキレイな終わり方かもしれませんね。

スポンサーリンク

ネットの反応

まとめ

指原莉乃は、優勝挨拶で、

「渡辺麻友の卒業は寂しい!」

「AKBが人気低下しているようだ!」

と話しているように、

連覇が続いても盛り上がらないことに気が付いているようです。

早く気づき、若者に譲るべきだったのです。

来年からのAKB総選挙でどんなスターが生まれるかが楽しみになりました

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク