渡辺麻友 卒業 発表2017年 衝撃走る!その理由は3つが明らかだ!?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


『第9回AKB48選抜総選挙』開票イベント(17日)開催されて、

速報3位(3万2340票)だったHKT48チームH/STU48の指原莉乃(24)が、

24万6376票を獲得し、AKB48総選挙史上初の3連覇達成した。

ラスト総選挙で有終の美を飾った。

高橋繭は、3年ぶりの女王奪還を目指して臨んだが、最終結果は14万9132票で惜しくも2位に。

3位はSKE48チームSの松井珠理奈(20)と言結果のなりました。。

ところが、渡辺麻友が卒業を発表し、衝撃が走ったのです。

何故でしょうか?  早速、その理由に迫ってみました。

【第9回AKB総選挙】指原莉乃、前人未到の3連覇!立候補最後の3つの理由は?の記事はコチラ

スポンサーリンク

渡辺麻友のwiki風プロフ

◆ 名前:渡辺麻友(わたなべまゆ)

◆ 生年月日:1994年3月26日(23歳)

◆ 出身地:埼玉県

◆ 血液型:AB型

◆ 身長:156㎝

◆ 職業:アイドル、女優、

◆ ジャンル:アイドル(所属・AKB48)

◆ 活動期間:2007年~

◆ 事務所:プロダクション尾木

2006年2月、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に落選したのですね!。

12月に再挑戦して、『第三期AKB48追加メンバーオーディション』に合格したのです。

12歳の時ですね!三姉妹の末っ子(三女)なのです。幼少のころは引っ込みが地だったようです。

渡辺麻友の評判は?

AKB48の総合プロデューサー・秋元康は、

渡辺を

「正統派アイドルの美少女」、

「天性のアイドルです。アイドルになるために生まれてきたような子です」

と評しているほどなのです。

フジテレビ編成制作局バラエティ制作センター制作担当部長・きくち伸は

「1980年代にもピッタリハマる平成のアイドル」

「抜群に歌が上手い“秀才”ではないけどとてもいい歌を届ける“天才”」

と評したのです。

13年2月発売の30thシングル「So long!」で初めてセンターポジションを務め、

以降の多数のシングルのセンターに。12年2月に初主演を飾ったドラマの主題歌で、

AKBの4人目となるソロデビューを果たしたのです。

2016年5月31日から6月18日にかけて投票が実施された

『AKB48 45thシングル選抜総選挙』では2位となり、選抜メンバーになる。

10月26日、ソロ写真集『知らないうちに』が発売され、

11月7日付のオリコン週間本ランキングのBOOK(総合)部門および写真集部門で1位となっているのです。

2017年5月1日から放送のテレビドラマ『サヨナラ、えなりくん』(テレビ朝日)

で主演を務めており、活躍の範囲がどんどん広がっているのです。

スポンサーリンク

渡辺麻友の卒業はなぜか?

渡辺麻友の過去の総選挙は、

第1回から4位→5位→5位→2位→3位→1位→3位→2位とここ数年は、

指原の後塵を拝してきたのです。

しかし、唯一のTOP7をキープし続けているメンバーでもあったのです。

◆最初の衝撃は、指原が優勝した時だったのです。

「何が起こったのか?」

といかにも不思議に思い表情に表しておりました。

その後、指原に投票したファンは、隣国が多かったことが分かったのです。

◆AKB48の総合プロデューサー・秋元康は、

渡辺を

「正統派アイドルの美少女」、

と評する程「美少女」であることは自他ともに認めるところなのです。

それなのに“なぜトップ”になれないのか?ジレンマが襲ってっていたのです

◆テレビドラマにも出演するほどにまで成長し、自信も付いてきました

活躍の範囲がどんどん広がっているのです。

かなりの手ごたえをつかんでいるようで、

の道での飛躍をしたいと思うようになったのです。

指原さんが、”今年がラスト”と言っていたのに、あえて”卒業”したのには、

何かの意味があるのでしょうか?

ネットの反応

まとめ

渡辺麻友は、今年も第2位位だったことに落胆しました。

さらに頑張っても、指原を抜くことはほとんど不可能なのです。

総合的に自分が上にいると思っても選挙ばかりは、ファンの層の問題なのです。

中國と言うバックは如何ともできないのです。

賢明な決断だったと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ