和田アキ子は”予備群”だった?認知症検査で『ただちに予防』の診断<駆け込みドクター> 

和田あき子

国内の認知症者数  462万人
10年後には、700万人を超え、
65歳以上の高齢者の5人に1人は
認知症を発症すると予測されております。

あの”ドラエモン”の声優の

”大山のぶ代”さんのことは
よく知られておりますが、

最新の情報と予防法が
採用されて、大変進歩しました。

<アルツハイマー病と闘う日本の最新情報>が
11月6日<駆け込みドクター>
で放送されました。

意外にも、和田アキ子さんが
血液検査で”Dに近いC判定”
で予備軍と判定されました。

概要をまとめました。

スポンサーリンク

<アルツハイマー病とは>

脳の中の老廃物が溜まり、
情報を伝達する神経細胞を破壊、
その結果脳が委縮し、
記憶や言語・行動等に障害を伴うのです。

・MRI画像では、アルツハイマー病の患者の脳は、
 隙間ができているのがはっきり分かります。

・脳の奥、海馬と呼ばれる記憶をつかさどる部分、
 ここが委縮すると記憶力が低下が進む!

・大脳皮質と呼ばれる脳の外側、
 ここの委縮によって、認知能力が低下する。

<こんな症状がある>

・日付や場所などが分からなくなる(失見当識)
・携帯電話などの道具がうまく使えなくなる(実行機能障害)
・好きだった趣味や、サークル活動をやめてしまう(意欲低下)

<精神科 吉田勝明医師の解説では!>

「高齢のための物忘れか?アルツハイマー病の物忘れなのか?
 を一番悩んで来院します。

ある特徴的なのは、早い段階で
”臭覚”においが障害されることがあり、

”何も分からないけど吐いたり、下痢したりする。
すなわち、

”腐ったものが分からない”

それを食べて、症状が出るのもあり大事なことです。」

・アルツハイマー病の最初に現れるのは、”嗅覚”とと云う
 ”嗅覚機能の低下”するほど⇒認知能力低下の危険性が高まる。

・ラッシュ大学医療センターは高齢者約600人を5年間調査した
 その結果、臭覚の弱った人は、
 認知機能悪化のリスクは1,5倍高まった。

・鳥取大学の浦上教授は、20年に亘る研究で、
 アロマオイルを用いて嗅覚を刺激することで、
 認知症の予防や症状の改善に効果があると発表しております。

スポンサーリンク

◆和田アキ子 勇気を持って認知症検査をしました。

<和田アキ子の病歴>は、

1978 声帯ポリープ
1979 自然気胸
1981 子宮頸がん
1984 声帯ポリープ
1998 推間板ヘルニア
2000 右足ひざ下頚骨骨折
2008 肺炎、台帳ポリープ、
慢性中等度閉鎖性呼吸不全
2012 台帳ポリープ

等など、満身創痍です。

そこで、認知症の検査の3つの検査を実施しました。

①MMSE 記憶力・言語力・計算力 を見極める。

・今年は何年でしょうか?
 何曜日ですか?100から7を引いて答えよ
・各30点満点で判定する

27~30 :正常、
22~26 :経度認知症の疑い、
21点以下:認知症の疑いが強い

②MRI  脳全体や、記憶を司る海馬の委縮度合いを
     重点的に検査

③血液検査:将来の認知症リスクが分かる
(今年4月に始まった最新検査)

血液中のたんぱく質を調べる。
アポリポタンパク質・補体タンパク室・トランスサイレチン

その精度は、約80%と言われております。

判定は、

A:問題なし、
B:リスク小、
C:ただちに予防、
D:危険

と判定され、認知症患者数を減らすための
第一歩を踏み出したのです。(筑波大学 内田和彦 准教授)

<和田アキ子の検査結果>

①MMSEテスト30点満点中→満点

②MRI→問題なし・・非常に若々しい脳です

③血液検査→C判定(Dに近い)

(認知症の予備群を軽度認知障害(MCI))

<予防対策は、(森田豊医師)によると、>

①生活習慣の改善→お酒を減らす。

(日本人の1日の適量・・

ビール中瓶1本、日本酒・・1~2合、
焼酎・・半合弱、赤ワイン・・グラス2杯程度)

②運動→1週間に2~3回の運動実施!

「怖い話ですが、前向きに捉えてください!
 今は全く症状がないので、
 対策をとればリスクを下げることができるのです。」

「一度症状が出ると、その進行を抑えることはできても、
 症状をとる事はできない。」

「酔いつぶれた経験のある人は
 、認知症になり易いのです。」

神奈川県が推奨している

”3033運動”

これは、1日30分、週に3回、

3ヵ月継続を暮らしの中に取り入れることで、

”生活習慣病の予防”
”筋力に維持”
”ストレス解消”

の効果があり、認知症の予防・改善も期待されます。

「涙が出るほど感動することが大切です。」
と話すのは(吉田勝明 精神科医師)でした。

スポンサーリンク


関連記事はコチラ