脳梗塞の前兆は分かる?チェックはFASTで素早く! <主治医が見つかる診療所>

脳卒中
いまや、三大生活習慣病(糖尿病・高血圧・脳梗塞)
である脳卒中は、増え続けております。

早期発見が第一ですが、
家族の協力も大変重要です。

<主治医が見つかる診療所>で、
その取り組みについて放送されました。

以下の概要を説明します。

スポンサーリンク

<重要ななキーワードは家族です>

<兵庫県明石市 高丘東小学校の取り組み>紹介

「危険な病気についての特別授業」

が行われていた。

アニメを見ながら学んでいた。

「脳卒中の症状について」
「お婆ちゃん、お爺ちゃんを助けることができる」

・脳卒中の患者の命を救うために、
 一番近くにいる家族への教育が
 重要とされております。

・危険を大幅に減らすことができると
 考えられております。

・国立循環器病研究センター政策の教材を使い、
 昨年から明石市内の小学生に
 ”脳卒中の初期症状”を教えているのです。

<こんな症状が出たら脳卒中かもしれない>

FASTのキーワードを教えているのです

スローガンは
<顔・腕・言葉で救急車!!>

F:Face(フェイス)  顔・・半分がゆがむ
A:Arm(アーム)    腕・・突然体の半分に力が入らない
S:Speech(スピーチ)言葉・・突然喋れなくなる
T:Time(タイム) 時間・・すぐに119番に電話して病院へ行く

こうした取り組みが全国に広がっております。

<なぜこれを進めるか?>

独協医科大学越谷病院 池上敬一 医師によると、

・孫が119番通報したほうがよいというと
おじいさんおばあさんはNO !と言わない!

(歌も作っているそうです)

<防ぐ方法は?>

・温度差が大きい環境は良くない(脱衣室、)
・ストレス、過重労働

などが影響します。

◆2つ目のポイント

脳卒中で命を落としたり、
後遺症を患ったりしないためには、
より素早い対応が大切である。
そのためには家族全員が正しくFASTを覚えておいて、
誰かに症状が現れた時は、
すぐに救急車を呼ぶかことがとても重要である。

と結んだのでした。

⇒磯野貴理子の脳梗塞はTIA(一過性脳虚血発作)発見で助かった!<主治医が見つかる


スポンサーリンク