北朝鮮 ミサイル発射 速報 弾頭部に翼があり着弾点が正確?日本に落ちたらどうなる?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、新開発した精密誘導システムを導入した

弾道ミサイルの発射実験に「成功」したと報じた。

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が発射に立ち会い、

7メートルの誤差で目標点に命中したと主張した。

これが本当なら、驚異的精度になります。

これで、日本に落ちたらと心配になります。

北朝鮮の放送では、

「目標を変更し、日本に変えなければならない」

と威嚇したのです。

早速、調べて見ました。

北朝鮮爆撃の条件(ミニッツ級空母3隻)が揃いX-デーは7月16日以後になる。の記事はコチラ

北朝鮮ミサイル発射(8回目)速報!その真実と北朝鮮の本当の狙い!の記事はコチラ

北朝鮮戦争秒読みの2017年最新情報!アメリカの爆撃の兆候を見破る3つの方法は?の記事はコチラ

スポンサーリンク

北著戦のミサイル発射の状況は・

北朝鮮は29日、東部の元山(ウォンサン)付近からミサイルを発射、

日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾させたと推定されている。

これは、EEZを恋に狙ったもので、そこまで制御できることを表しております。

艦船も狙えることを示唆し、朝鮮半島近海に空母を展開し圧迫を続ける

トランプ米政権を牽制(けんせい)する思惑とみられる。

原子力空母が3隻になろうとしているのに全く“意に関せず”の意思表示にならいます。

金委員長は、米国に「無謀な軍事的妄動がもたらすのは死だけだ」と警告した。

朝鮮中央テレビは30日、ミサイル発射の模様を放映した。

4月15日の軍事パレードに登場したミサイルと同一で、

前方に羽根があるのが特徴のようです。

「前方の羽根」(GPS機能搭載のカナードと呼ばれる)が見られて

精度と関係があるとすれば、初めてのことで、

情報がいまだありません!獲得次第付記いたします。

スカッドの改良型とみられております。

ミサイルは、液体燃料を使っているとされ、

無限軌道型の移動式発射台で運用されたようです。。

同通信は、発射の準備工程が高度に自動化され、

発射時間が大幅に短縮されたとしている。

金委員長は、策定した工程表通りにさらに兵器開発を進めるよう指示した。

日本のどこが狙われるか?

全国の米軍基地が最初に狙われるのはよく話題に上っておりますが、

以下のようになります。

◆ 青森県:三沢基地

◆ 東京都:横と基地

◆ 神奈川県:横須賀基地、厚木基地、キャンプ座間、

◆ 山口県:岩国基地

◆ 長崎県:佐世保基地

◆ 沖縄県:普天間飛行場

などが、可能性が高いとされております。

さらに当然ですが、韓国の“青瓦台”と同様に、日本の政治経済の中枢である

「東京都」も狙われる故脳性があるのです。

スポンサーリンク

被害の広さと被害の程度は?

東京中心部に落ちた場合は、死者:42万人、被害者:81万人

大坂中心地で、死者:48万人、被害者:88万人

と推定されており、差が出ておりますが大阪は、梅田付近で、密集しておりますが、

東京は国会議事堂付近を想定しており、人口密度が低いと想定されます。

半径2,5km範囲は、建物も全てが破壊されるようです。

生物兵器の場合は、これとは違った被害を総てしなければなりません。

対処方法は、以下のサイトにありますので参考にしてください。

⇒北朝鮮の核ミサイルが日本に落下した場合の被害状況は?東京と大阪の場合?

⇒北朝鮮の核兵器の威力は半径6キロ以内が最も危険!被害者数と方向は?

まとめ

いかがでしたか?

今回のミサイルは、なんといっても“精度”が問題になりました!

仮に真実であれば“脅威”が極端に上がったことを意味します。

韓国も、当然吟味しておりますが、情報が入り次第付記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ