大谷翔平の二刀流 評価は高いが、プレミア12では観れず残念!

大谷ー1

11月8日のプレミア12の韓国戦では、
初回161キロを記録し、9奪三振、6回を0点に抑えた。

このことは、日本国中が熱狂し
各スポーツ新聞の一面を飾ったが、

MLB公式サイトが大谷の韓国戦の快投を紹介し、

「二刀流の天才が圧倒的活躍」

と題して記事を掲載した。

スポンサーリンク

「大谷は最速161キロの直球を軸に、
6回2安打無失点10奪三振と韓国打線を圧倒。
つけいる隙を与えず、日本を5-0での勝利に導いた。」

とまでは、見ての通りですが、
次の表現がいかにもアメリカらしい!

「“ショウヘイ・オオタニ”という名前を
これから耳にすることが増えていくはずだ。
彼は銀河系の野球界における未来の君主になるであろう。」

これには驚きましたね!

”銀河系の野球界”

はどこから引用したのか?
地球以外にも野球をしているところが
あるのだろうか(笑)

さらに、二刀流への期待も多きことが分かる。

「91マイルのスプリットも見せ場の一つ」
「打席に立つ機会は残念ながら実現しなかった」

また、米テレビ局「CBSスポーツ」では、

「二刀流選手、ショーヘイ・オータニに出会う。
日本の次なる偉大な選手」と特集し、

今季の打率.175、3本塁打という数字に触れつつ、
「投手大谷」に高い評価を下している。

このような情報合戦を見ているだけで
ワクワクしてきますね!

目が離せませんよ~~!!

大谷ー2

◆大谷 翔平
(1994年7月5日)は、
北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手、外野手)

プロ野球では非常に珍しい投手と打者の
「二刀流」選手として注目される。

球速101mph(約162.5km/h)を投じるNPB最速投手。
2014年、2リーグ制以降初の2桁勝利と
2桁本塁打(11勝、10本塁打)を同年に達成。

今季は、10試合で先発。70回2/3を投げ
8勝1敗で防御率は1・66。88三振で20四球。

この成績に、
米テレビ局「CBSスポーツ」では、

「彼のスライダーを見れば、
このストライクの数々が
どこからやってきたのか分かるだろう。
チェックしてほしい」

と悲痛な叫びが現れております。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ