家計学園問題は“総理のご意向”文章は本物と告白!民進党はどこまで追求できるか?【文春砲】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

加計学園の獣医学部新設を巡り、

「総理のご意向」

「これは官邸の最高レベルが言っていること」

などと書かれた文書の真贋が問題となる中、当時の文部科学省の事務次官が、

「週刊文春」の取材に応じ、「文書は本物」と認めた。

2016年6月から2017年1月まで事務次官を務めた前川喜平氏(62)は、

「いずれも部下から受け取ったレク(説明用)資料です。

これらの文書は、大臣や次官への説明用として担当の高等教育局専門教育課が作成したものです」

と説明した。

今後の進展が気になるし、民進党はどこまで追求できるかが気になります。

早速、迫てみます。

週刊文春の「中吊り広告」カンニング事件に池上彰他の反応!の記事はコチラ

スポンサーリンク

家計学園問題とは?

家計学園は、国家戦略特区制度を利用し、

愛媛県今バル氏に獣医学部を新設する計画を進めてきました。

しかし、過去五十寧位以上認められなかったが、

官邸主導で進められた経緯が疑問視されてきました。

背後にあると指摘されているのが、

加計学園の加計孝太郎理事長は、安倍晋三首相が「腹心の友」と認めるほど親しい関係で、

昨年は五回の会食、頻繁にゴルフを楽しんでいるのです。

獣医学部新設を巡っては、37億円相当の今治市市有地が無償譲渡され、

総事業費の半分の96億円を愛媛県と市が負担することも決まっているのです。

事態が急展開したのは、朝日新聞の報道で、特区を担当する内閣府は、文部省に対し、

「官邸の最高レベルが言っている」

「総理のご意向だ」

などと言って、対応を迫っていたというのです。

菅官房長官は即座に

「全く、怪文書みたいな文書じゃないか。出所も明確になっていない」

と全否定し、

 

その後は文部大臣が調べたが、

「確認できなかった」

 

と述べて幕引きを図ったのです。

スポンサーリンク

前川前事務次官の獣医学部新設対応は?

2016年に前川氏は事務次官に就任し、獣医学部新設問題に直面します。

「暗黙の了解として、この件は今治しと家計学園の問題と認識されており、

駐五回にわたって、獣医学部新設を申請し、すべて却下されていたのです。

ところが2016年に大臣が変わり、一気に動き始めた」 

と言うのですね!新たに地方創生大臣・山本幸三氏も推進役なのです。

問題の文書は、

 

「これは専門教育課内で保存している文書です。私の手元にはありませんが、藤原審議官に言われた内容をまとめたものでしょう。」 

と言うのでした。

文科省は、文書の存在は「確認できなかった」とする調査結果を発表しているが、

前川前次官が本物と認めたことで、対応を迫られることになりそうだ。

前川前事務次官の言葉?

 

「政府をどうこうするつもりはないが、文部省がよく分からいことを強いられている現状を知ってもらいたい。」

「内閣府の意向と言われて、何も影響はないとは考えにくい。」

「あるものがない、知っているのに知らないと言うべきではない」 

などの偽装行動はすべきではない。

前川喜平氏のWiki風プロフ

◆ 名前:前川喜平(あえかわ

◆ 生年月日:1955年1月13日(62歳)
 
◆ 出身地:奈良県御所市

◆ 学歴:東京大学法学部卒業

◆ 職業:前文部科学事務次官


【8月末以降入荷のご予約】cuboro standard/スタンダード 【「限定テクニックレシピ」と「ビー玉20個」付属!】

まとめ

森友学園問題に加えて、今度も同様な現象で、家計学園問題が焦点になっております。

今回は、“忖度”ではなく明確に“内閣府”の意向とか“最高レベル”

との表現で、担当部署に圧力をかけた経緯が見えてきます。

こんなことが、このように度々発生していいものでしょうか?

国民の一人として、はっきりしてほしいものです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク