マクロン氏フランス大統領選勝利は夫人の力による?なれそめや子供が気になる?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

7日に行われたフランス大統領選挙の決選投票では、

中道で無所属のマクロン候補が極右政党のルペン候補を破り、勝利しました。

EU=ヨーロッパ連合との関係を重視し、

移民の受け入れにも寛容なマクロン氏が勝利したことで、

EUの混乱は避けられ、

世界に広がる自国の利益を優先する動きにも歯止めをかけることになるのか、

注目されます。

弱冠39歳の青年ですが、仏蘭西政治上のもっと回会大統領になったのです。

勝利もさることながら、世間では、25歳上の夫人「ブリジットさん」に注目が集まっております。

ここでは、新大統領・マクロン氏の“略奪愛“の経過とフランスの国民の考え方に迫てみます。

菊川怜の結婚相手は穐田誉輝で婚外子を作っていた2人の女性は誰?【週刊文春】の記事はコチラ

スポンサーリンク

エマニエル・マクロンのwiki風プロフ

◆ 名前:エマニエル・マクロン

◆ 生年月日:1977年12月21日(39歳)

◆ 出身地:フランス・ソンム県アミアン

◆ 学歴:パリ政治学院、国立行政学院

◆ 職業:前職・投資銀行員

◆ 所属政党:社会党→無所属→アン・マルシェ!(前進)

◆ 家族:夫人・ブリジット・マクロン(連れ子:長男・セバスチャンさん、長女・ローレンスさん(クラスメイト)、次女ティファンウ・)

(▲左より次女(ティファンウ)長女(ローレンス)マクロン、長男(セバスチャン)、ブリジット

同級生の母親と結婚したことになる。フランスは“アムールの國”と言われている

◆ マクロン家族:両親、弟、妹は医者さん

マクロン氏の経歴

◆ 1977年12月12日:神経学者の父と意志である母の息子として生誕しました。

◆ 2004年:フランス財務省財政監査総局(フランス語版)の財政監察官として働く

◆ 2008年:ロスチャイルド家の中核銀行であるロチルド & Cie(フランス語版)

に入行し、2010年には副社長格にまで昇進したのです。

◆ 2012年~2014年:フランス大統領府副事務総長(大統領・フランソワ・オランド)

◆ 2014年~2016年:経済・産業デジタル大臣(第2次マニュエル・ヴァルス内閣・大統領・フランソワ・オランド)

◆ 2016年4月:「左派右派のあらゆる良き意思を結集」して

「左派でも右派でもない政治」を目指すと宣言し、

政治運動「アン・マルシェ! (日:前進!、仏:En Marche!)」を結成した。

◆ 2016年のです。11月16日、2017年大統領選挙に出馬する意向を正式に表明した

マクロン氏大統領に!新聞の報道と女性問題について

◆ 朝日新聞:39歳、仏史上最年少・25歳年上の妻の絶大な信頼が!と報道しました。

◆ 【天声人語】では、昨秋、フランス各地の書店に『アンヌへの手紙』という分厚い本が並んだ。

長く仏政界を率い、欧州統合の先頭に立ったミッテラン元大統領が、

『生涯愛人に捧げて書簡集』であり、心のレターのです。

1218通の恋文は真摯で切ない出会った時のもので、アンヌは19歳。

26歳も年上だったのです。

◆ 産経新聞【産経抄】は、フランス皇帝ナポレオン1世が最初の妻と出会ったのは26歳の時である。

とナポレオンを引き合いに述べているのです。

・2人の子持ちの未亡人で、6歳年上のジョセフィーヌさんは社交界のお花形だった。

「あなたの心、唇、瞳にキスを送ります」

・10年前に、ナポレオンがジョセフィーヌに宛てたラブレターが見つかり、競売で約6800万円の値が付いていたのです。

◆ 報知新聞:異色のファーステレディ誕生へ!

25歳年上・略奪愛・孫7人、と紹介したのです。

フランス人はラテン人で、燃えたほうが仕事にも力が入ると、ポジティブに受け止められているそうです。

マクロンさんのなれそめは?

マクロン氏は、仏蘭西北部の“アミアン”の高校生だった。15歳です。

ブリジットさん(当時40歳)はその高校の国語の教師、演劇部の顧問、
夫は銀行員、3人の子供がいたのです。

演劇の課外レッスンで出会ったのです。

脚本の執筆などを通して中を深めていったのです。

良くある風景ですよね!

17歳の時にプロポーズをします。

「何があってもあなたと結婚する!」

この年で、教師であり、お母さんのような年齢の女性にこの世に宣言する神経はわが日本人には、なかなか想像できませんよね!

演劇の個別指導の名目でブリジット氏の自宅をたびたび訪問してさらに愛を深めたのです。

両親は、交際に反対し、パリの名門である『アンリ4世高校』に転向させられます。

お母さんが、

「18歳になるまで合わないように」

と求めたのですが、

ブリジットさんは

「その約束はできない」

と断ります。

その後も連絡を取り合い愛を育んだのです。

2006年前の夫と離婚するのです。

前夫は、どんな気持ちだったのでしょうかね!

子供に“寝取られた”のですよ!悔しいなんてものじゃないですよね!

今となっては、静かに身を引いた男としての評価があるのでしょうか?

3人の子さんはブリジットさんが引き取りました。

2007年10月、マクロンさん29歳、ブリジットさん54歳で結婚したのです。

17歳の時から最も輝いている先生、美しくオーラ―のある先生を絶対ゲットするという

原動力はいまだに発揮しているのです。

目標を高く設定してまい進する。ソレガマクロンりゅうなのです。

実は、フランスは40代の女性が最も輝いているとみなされているそうです。

多くの男性のあこがれは40代の女性なのです。

これは、知りませんでしたね!

お母さんとして見ていなく“輝く女性”なのです。

キリスト教の國ですが“恋愛”には理解力があり、懐は広いのです。

フランスのカップルの3つの形は?

フランスでは、カップルには3つの形態があります。

【結 婚】:法律上の結婚で財産に関する結婚契約書を結ぶ。
解消する場合は必ず裁判にかける。

【PACS(パックス・民意契約)】:結婚よりはるかに手続きが簡単な共同生活の契約。
結婚とほぼ同等の社会保障・税の優遇が受けられる。

【同 棲】:手続きも許可も一切必要ない形態。
マクロン氏は立派な結婚を選んでおります。

スポンサーリンク

ブリジットさんとの結婚について

<結婚式にて>
◆ マクロン氏は、

「僕は『普通』という形容詞は好きじゃないけど、僕らは普通のカップルとは違う。
でも、間違いなく存在するカップルなのです。」

<大統領選にて>
◆ ブリジットさんは、

「私が分からなければ誰にもわからないわよ」

といって、演説の草稿にアドバイスしたのです。

マクロン氏はブリジット夫人の意見を聞くまで何もしないと言われております。

協力者を選ぶ時も服や髪型を決めるときも・・と側近議員は言うのです。

ブリジットさんがいなければ、ここまでは出世しなかったことと思われております。

お互いが支え合っているのです。奥様・優秀なスタッフでもあり全てなのです。

<有権者の見方は?>

・2人のロマンスは特に女性の有権者に気に入れられているそうです。

・ブリジット夫人は愛想よく疑いなくマクロン氏に貢献していると見られております。

マクロン氏は、こうも述べております。

 

 

「個人的にここにいる、そしてすでにおられない方に感謝申し上げます。

すべての私の家族そしてブリジットに・・

(ブリジット、ブリジットとシュプレヒコールが上がったのです。)

いつもこれからもそばにいてくれる彼女なしには私ではありません。」

 

 

 

マクロン夫妻は長い間一途な純愛を貫いたとしてフランスでは

評価している人も多いのではと思われております。

ブリジット氏は哲学の先生でもあり“恋愛の力”についてもわかっていたようです。

フランスでは、大統領が女性問題を起こしても慣れているのですね!

大統領のの恋愛事情と政権への影響は?

【ミッテラン大統領(1981年~1995年)の場合】

◆ 1944年:ダニエル夫人と結婚

◆ 1962年:当時19歳のアンヌ・パンジョ氏と出会う(46歳)。
・・以後死の直前まで33年間交際する

◆ 1974年:アンヌ・パンジョしとの間に娘を授かる
・・任期中は、アンヌ・パンジョ氏≪親子で政府要人用の館で生活してたのです。

◆ 1984年:(一部報道機関の昼食会で)記者が隠し子について質問すると、

「ええ、娘がいますよ。それで?・・・」

以来、誰も愛人・隠し子について聞かなくなったのです。

これは、開き直ったのではなく、親のいない娘が可愛そうなので、

彼女を守るための“それで?”だったのです。

お父さんを持って社会に出るための後押しだったのです。

すべての批判は、私が受け止めますという意味なのです。

かっこよかった!と評価されております。

◆ 1996年1月:ミッテランの葬儀で、棺に寄り添うダニエル夫人と息子、

一歩下がって見守るアンヌ・パンジョ氏と娘さんが写っているのです。

◆ 2016年秋:にミッテランがアンヌに送った手紙が綴られた本が出版されたのです

『アンヌへの手紙』

ミッテランがアンヌに送った1218通の手紙が綴られた本が、ミッテラン生誕100周年となった去年秋に出版されたのです。

<手紙の内容>

「知らなかった感情があなたと共に呼び起こされた」

「あなたを触った私の手と貴女を飲んだ私の唇が好きだ」

<ミッテランがなくなる3ケ月前の最後の手紙(1995年9月22日)>

「僕の幸せは君のことを考え愛することだ」(去年10月7日)

「どうして君をこれ以上愛せずにいられようか」(去年12月15日)

オランド大統領(2012年5月~)の場合】

◆ セゴレーヌ・ロワイヤル氏との間に子供4人も受けました。
(結婚はしていない)

◆ バレリー・トリルベレール氏との交際が報じられる!

(ロワイヤル氏と破局し、トリルベレール氏と事実婚状態ファーストレディとして外遊にも同行)

◆ 2014年:女優のジュリー・ガイエ氏と不倫

(運転手付きのスクーターでガイエ氏と別々のアパートへ・翌朝ボディガードがクロワッサンを運ぶ姿が報道されたのです。)

<オランド大統領の不倫問題についてフランス国民は?>  

・個人的な問題だ!と考える人が・・77%

・大統領の評価に影響しないと答えた人は・・84%

だったのです。

フランス大統領は女性に影響されやすいが、国民はプライベートにはあまり関心がないのです。

しかし、今回国民はマクロン本人の力量と政治パートナーとしてのブリジット夫人の活躍に期待しているのです。

ブリジットさんは、マクロンチームにポジションが与えられることが決定しているのです。

ある意味ではミシェル・オバマ以上に表に出るのです。

二人のパートナーシップがボロボロのフランスを救えるかが問われるのです。


【8月末以降入荷のご予約】cuboro standard/スタンダード 【「限定テクニックレシピ」と「ビー玉20個」付属!】

まとめ

いかがでしたか?

日本では考えられないことが起こっているようです。

確かに、国民は“結果”を期待しております!

今後の活躍、特にブリジットさんの手腕が楽しみですね!

期待しましょう!!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ