福岡3億円強奪事件 被害男性は何者?“金塊タタキ集団”との関係はないのか?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

4月20日の昼過ぎに福岡・天神のみずほ銀行前の駐車場で、

3人組の男が、29歳の男性会社員現金から3,8億円を強打つ下事件は、

未だ解決の糸口すらつかめておりません!

被害男性は、都内の貴金属関連会社勤務で、

奪われたのは金塊を購入するための資金だったと言われております。

犯行グループは、ワゴン車にカネを載せてそのまま逃走しました。

犯行グループの郁江は杳としてしれないのですが(5月4日現在)

いま捜査当局が注目しているのが

「金塊タタキ」

集団だというのです。

一体この集団は何なんでしょうか?

早速、迫ってみました。

福岡3.8億円 強奪事件 速報 今日の情報で矛盾だらけだ!被害者が情報漏らした?の記事はコチラ

スポンサーリンク

福岡強奪事件の背景は?

近年、国内では金塊を狙うタタキ(強盗のこと)が急増しているというのです。

昨年7月には、博多駅近くの路上で6億円相当の金塊を強奪される事件が発生しました。

その役1カ月後には大阪でも約2800万円相当の金の延べ棒がひったくられているのです。

振り込め犯罪に詳しい某作家は、

「ここ数年の日本は、史上最も大量の所有者不明の金塊が集まっていると言われているそうです。
というのも、関西の暴力団が始めたあるシノギが、全国に広がっているからです。

海外の大部分の國では金の売買は非課税ですが、日本では消費税がかかる。

そこで、海外で金塊を購入し、日本に道輸入する(生気に輸入すると、税関で申告し、消費税分の金額を支払わなくてはならない。)

その密輸して金塊を国内陀倍局氏、消費税分のカネをフトコロにいれるというシノギです。

では、なぜその金塊をタタクかというと
『かさばらない』『通報されにくい』などのメリットがあるからなのだ。

金はグラム単価が圧倒的に高く、隠したまま輸送しやすい。
そして、金は脱税目的はなど、隠して所有していることが多いので、被害届が出されないことが多いと言われています。」

と述べるのです。

今回タタキ集団は、購入者や、銀行側に協力者を作り、計画を立てて犯行に及ぶそうです。

今回も、あまりにも周到な準備がなされており、この協力者を疑わざるを得ない状況なのです。

今回はたまたま購入資金が狙われましたが、再び同様の事件が起ころ可能性は残念ながら大きいのです。

タタキ集団の協力者は?

稀に見る用意周到な準備がこの事件の特徴です。

当然情報はこの集団に入っていたと想像されます。

そのいくつかを列挙すると、

【1・たまたま偶然】

これは、今回の事件ではほとんど考えられません。

【2・銀行側の協力者】

高額の現金を卸すときは連絡するので、事前に銀行側がしいていたことになります。

子の線が一番可能性が大きいのです。

【3・被害男性が漏らした】

お金のおろしが2日に渡っていること。東京から福岡にきていることから“自作自演”
あるいは、友人か食事時に漏らしたことが考えられます。

【4・被害男性の会社内漏えい】

これでは、会社が持たないのですが、被害者の行動は上司は指定し、同僚も知っていたはずです。

29歳の男性に、常時数億円の金を持ち運ばせる会社の行動の“いいかげんさ”が問題になります。

スポンサーリンク

ネットの反応?

まとめ

福岡が、金の売買に適しているのはなぜか?

どうも、韓国、香港、台湾に近いことによるようです。

税金対策ばかりではなく、”タタキ”集団にとっては、

都合のよい都市のようです。

今回の事件は、用意周到さにおいては、近年に見ない状況が揃っております。

一日も早い解決を望んでおります。

https://miketonpei.net/wp-admin/edit.php?post_type=post_lp

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ