福岡3.8億円 強奪事件 速報 今日の情報で矛盾だらけだ!被害者が情報漏らした?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

福岡市で3億8000万円あまりが強奪された事件です。

事件直後に7億円以上の現金を持って福岡空港から出国しようとした

韓国人の男4人が逮捕されていますが、

男らが所持していた現金の帯封が、

天神で奪われた現金の帯封とは違うものであることがわかりました。

逮捕された4人が所持していた現金の帯封は、

天神で奪われた現金の帯封とは違うものであることが判明したということです。

また、逮捕された4人は強奪事件への関与を否定しているほか、

空港で見つかった現金からは事件の被害者の指紋も検出されていないということです。

では、犯人はどこへ逃げたのでしょうか?

推理してみました。

福岡強盗事件犯人は銀行関係者か取引先の者だ!被害者は何かを隠している?の記事はコチラ

スポンサーリンク

事件で解明された事項は?

① 車のナンバーは、盗品だった。

② 天神で奪われた現金の帯封とは違うものであることが判明したということです。

③ 空港で見つかった現金からは事件の被害者の指紋も検出されていないということです。

④ 天神で奪われた現金の帯封とは違うものであることがわかりました。

⑤ 人相も、強奪犯人と相違しているようです。

福岡空港で韓国人が、逮捕されてほぼ犯人は決まりかと思いきや、

全く関係がないことが分かりました。

問題は、苗お金が動くことを知ったかなのです。

時間、駐車場まで特定し複数で襲ったのです。

被害者がおかしい?

“金”を購入するために銀行から現金を卸した。

前日と二日がかりで受け取ったと言っておりますが、

何者かに情報を提供したのではないかと疑いたくなります。

あまりにも、一致するところが多いのです。

大金、時間、場所、駐車場、車の準備等々、何日も必要とする準備なのです。

また、複数鵜に人間が、関わったことは明らかなのです。

“金塊”を持ち運んでいるのなら、見せ方追跡するとわかりますが、

“札”では、額までも“大金であること”は、なかなかわかりにくいのです。

この辺の情報が、怪しいのです。

スポンサーリンク

金の購入は現金が常識?

金購入のメリットは、

① 金地金は最低5gから購入できる手軽さがあります。

② 金価格が急落したときに買うとハイリターンを得られやすいです。

③ 金融危機や経済危機になったときに価値が上がります。

④ 金地金は株や債券のように紙くずになる心配がありません。

⑤ 長期保有(5年以上)すると、利益に対する税金が1/2になります。

等々があり、このところ金の価格が値上がりしているので、

投資としては魅力のある手段となっております。

しかし、取引は、“現金”が前提であるために、準備しなければならないのです。

振り込み、カードで購入とはいかないところにこういう事件が発生するのですね!

まとめ

強盗と聞くと“けしからん!”と怒るのは当たり前ですが、

被害者にも大きなミスがあることも確かなのです。

あまりにも周到な準備の下での被害は、

なおさらのことで、 “情報もれ”を疑われてどのように説明するのでしょうか?

被害者も反省してみることが必要に思います!

犯人に関して、情報が入り次第追加していきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ