北朝鮮 戦争秒読み!核実験し攻撃開始Xデーに備えるべき4つの重要ポイントは?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

4月15日が金日成生誕105周年記念日にはノドン発射に失敗し、

核実験の準備は整っているが、未だに実行していない!

いよいよ、4月25日の北朝鮮の「人民軍創立記念日」「健軍節」

2日後に迫り、日本でも訓練するなどあわただしくなってきました。

最新の情報では、

「核実験が強行される可能性の高い25日が近づき、朝鮮半島は一気にキナ臭くなっている。

米CNNによると、中国空軍は爆撃機に厳戒態勢を取らせているという。

英デーリー・メール紙は「ロシア軍が北朝鮮との国境に部隊を派遣した」と報じている。」

カール・ビンソンが南シナ海にいたのは、意外だったのですが、

数日で、朝鮮半島近くまで、到達すると言われております。

米韓の軍事合同演習も終わり、いよいよ態勢も整えてきたのです。

東京、大阪が大都市として狙われ、米軍基地、原子設備(発電所)設備などの警戒もありますが、

当面としては、日本海側の都市が、一番警戒をしなければなりません!

今回は、最近の日本の対策状況と、4つの重要ポイントについてまとめました。

北朝鮮 戦争 秒読み 2017年4月は新月の27日が最も危険と予言!反撃の狙いは米軍基地だ!の記事はコチラ

北朝鮮への攻撃は、限定的破壊が可能性大!境界線の軍事施設破壊は“新月”が最適!の記事はコチラ

北朝鮮 戦争 秒読み 2017 最新情報は“部分攻撃”が正解の訳は?3つのシナリオ?の記事はコチラ

スポンサーリンク

北朝鮮は、核実験実行するか?

核実験に準備は、完全に完了し、後は指令を待つばかりになっていることは、周知のことです。

それを知ったアメリカが、中国を通じて圧力をかけ、

カール・ビンソン空母・打撃群の派遣を決定したのです。

トランプ大統領は、中国は“適切”に対処し、大変信頼していると、

期待感を示しております。

北朝鮮側は、チキンレースの表現は厳しいのですが、

態度が少々変わってきたようにも見受けられます。

こいう兆候を感じ取っております。

① 外交委員会を作ったこと。

② 核実験を延期していること。

③ レッドラインを超えないようにしていること。(核実験、大陸間弾道ミサイル)

⑤ 言葉でも変わっている・・「先制攻撃の核」より「抑止力の核」と表現している。

北朝鮮は、「米国は話し合いで済ませたい」と思っていることも確かなのです。

しかし、何もしないで、このまま終わることは、

「アメリカに屈した」

ことを意味することとなり、金正恩主席のカリスマ性にも影響し堪えられないのです。

したがって、何かの実験は実行されると見たほうが妥当なのです。

例えば、“ノドンの失敗!”と言う選択肢もあるのです。

“技術的欠陥により中止“をせざる得なかったとか?

この時アメリカが銅のように解釈し、行動をするかがカギになります。

ノドンの失敗では、

“失敗して実験の評価はできない”

と言って、行動は全く起こしませんでした。

日本の対策状況と日本海側は?

今年に入って、神奈川県、岡山県などが訓練しておりますが、

中距離弾道ミサイル「ノドン」が昨年8月に発射され、

男鹿半島沖約250キロの排他的経済水域に落下した秋田県・男鹿市は

今年3月、国や県と共にミサイル落下に備えた全国初の訓練を実施したのです。

市は単独での訓練も検討している。

市は15日から危機管理室の職員2人を土日も待機させ、

全国瞬時警報システム(Jアラート)に対応する態勢を敷いたのです。

政府は21日、北朝鮮をめぐる情勢の緊迫化を受け、

弾道ミサイルが国内に落下する可能性がある場合の身の守り方について、

インターネットの「国民保護ポータルサイト」に掲載し、

国民に周知を呼びかけたのです。

<h3>Jアラートは</h3>

防災ほっとメールでは、携帯メールとして配信する情報を、

自動的にドコモの「エリアメール」、au・ソフトバンクの「緊急速報メール」へ同時配信できます。

スポンサーリンク

4つの対策は?

① Jアラートが受信できるようにする。

② 通勤者は、自分の通路でいつでも退避できる場所を確認する。

(コンクリート製建物、地下鉄など,マンホールは避けてください。

(基本的な行動として屋内退避を求め、
屋内では爆風で割れたガラスを避けるため窓から離れるよう呼びかけている。)

③ 自動車の場合は停車して屋内退避▽高速道路など車外が危険なら停車して姿勢を低くする。

④ 近くに着弾したら口と鼻をハンカチで覆い、

密閉性の高い屋内や風上に避難-といった行動をとるよう促した。

(マスクなど携帯すると良い・・韓国では売り切れが発生したとのことです。)

Jアラートは?

① 地震、津波警報の例

② ミサイル発射の場合

まとめ

いかがでしょうか?

韓国はそれほど緊張していないようなのです。

えっ!とお思いでしょうが、これは、日本の地震のように、

つねに“いつかは起きる”と思って対策を考えて生活してきたからなのです。

マスクが、売り切れたそうです。

日本は、それほどでもありませんが、

ここ1~2週間は非常態勢に入った方がよいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ