仁科克基逮捕の真相!松方弘樹との確執の本当の理由とは?【しくじり先生】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

松方弘樹の息子・仁科克基が登壇し、

父と絶縁し葬儀にも出席せず、恩返しができなかったと後悔しきり、

親が亡くなったときに後悔しないための授業と銘打って

23日に、しくじり先生 “俺みたいになるな!”に出演されます。

確執の本当の理由が不明のままです。

どこまで“真相”を話してくれるでしょうか?

本番に先立ち、プロフイールや概要をまとめました。

福岡強盗事件犯人は銀行関係者か取引先の者だ!被害者は何かを隠している?の記事はコチラ

スポンサーリンク

仁科 克基のwiki風プロフ

◆ 名前:仁科 克基(にしな まさき)

◆ 別名義:目黒正樹、仁科克己、岩井久次郎

◆ 生年月日:1982年9月2日(34歳)

◆ 出身地:京都府京都市西京区

◆ 血液型:B型

◆ 身長:175㎝

◆ 学歴:堀越高等学校中退

◆ 職業:俳優・タレント

◆ ジャンル:テレビドラマ・映画

◆ 活動期間:1989年~

◆ 家族:松方弘樹(父)仁科亜季子(母)

◆ 事務所:松竹エンタテインメント

1989年頃より子役としてデビューしドラマ、映画、舞台に出演しました。

2010年1月15日発売の写真誌フライデーで、女優多岐川華子(女優多岐川裕美の長女)との交際が報じられ、

10月5日に婚約を発表。2011年1月11日にグアムにて挙式しております。

2012年10月22日性格の不一致から離婚!となっておりますが、

キャパ通いが原因だったようです。

その後のテレビ出演でも評判が悪く、避難殺到していたのです。

仁科克基逮捕とは?

仁科克基を検索すると“逮捕”という文字が目につきます。

何か悪いことをして逮捕されたのかと思いきや、高畑裕太が逮捕されて、

2世を代表して種々コメントしたのが、騒がれたようです。

◆ 「そのうちの一人が犯罪を犯したからといって
すべての2世3世が犯罪予備軍であるかのような目で見るのは辞めてほしい」。

◆ 「甘やかされていない2世3世もいる。逆に厳しい目に
晒されている部分もある。」

◆ 「演劇の事を分かりもしないで、まるで
『実力もないのにコネで良い配役や賞を取っている』

かのように決め付けるのはやめてほしい」

と、正論を展開したのですが、自身の行動がそれほどでもなく、

評価がされなかったようです。

スポンサーリンク

父・松方弘樹との確執は?

2017年1月23日(月)に俳優の松方弘樹さんが脳リンパ腫のため亡くなられましたが、

父・松方弘樹との確執は、何故なのでしょうか?
「俳優としては好きだけれど、父親としては好きではない」
と仁科さんはいうのでした。

「浮気や何やらで苦労をかけられたという気持ちが強いのかな」
とも付け加えたのです。

子供のころは、可愛がられて、おこずかいもふんだんにもらっていたそうです。

財布が自分には、ATMだったと述懐したのです。

危篤の情報で、病院へ行ったが追い返されたそうです。

仁科克基さん含め計6人の子供は誰ひとり見舞いに来ていない。

と伝えられています。

最後のコメントがあります。

「突然の事で、本当で残念で仕方ありません。

15年以上も、会えないままの別れになってしまいました。

最後にもう一度会って、一緒にお酒でも、飲みたかったです。

僕にとって、偉大で、大変尊敬する役者でした。

心からご冥福をお祈り致します。

2017年1月23日

仁科克基」

たとえ離婚して絶縁状態になっても父親であることは変わりないのに、コメントがかなり他人事です。

息子の克基さんは松方さんの葬儀に参列していないようです。

松方弘樹と子供(仁科克基)と絶縁があったのかなかったのか?本当の理由は藪の中です。

前述の“いろいろ苦労を掛けられた!”が全てを語っているようです。

仁科克基が真面目人間だった!

しくじり先生を見て、

”仁科克基は根は真面目人間だった”

ことが明確になりました。

育てられ方、環境が本人を狂わせて、誤解が誤解を生み、

間違いを多くしてしまったのです。

お父さんに”有難う”と感謝の言葉を言えなかったことを、

本当に悔いておりました。

このことに気づかせたのは、「しくじり先生」だったことは、

大変意義ある事で、仁科氏のように”我に返えるキッカケ”

与えることに成功したのです。

テレビ局を称賛すると同時に、今後の仁科氏の発展を願うものです。

”ガンバレ!”と、エールを送りたいと思います。

まとめ

果たして、バラエティ番組ですが、

どこまで、赤裸々の言うことが出来るでしょうか・

本心が聞けるかもしれません!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク