北朝鮮 戦争 秒読み 2017年4月は新月の27日が最も危険と予言!反撃の狙いは米軍基地だ!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

2017年4月に北朝鮮との戦争が秒読み状態に入ってきた!

と、ネットで騒がれております。

5日にも、北朝鮮はミサイルを発射したのです。

アメリカのトランプ大統領になり、シリアへの60発トマホークの撃ち込みで、

ことばではなく“行動“が現実味を帯びてきた!

北朝鮮への先制攻撃や暗殺計画のシミュレーションも浮上していて

一気に緊張モードへ突入した。

北朝鮮が核実験をする事で戦争秒読みになると日本への影響は?

心配になりますが、ここで吟味してみることにします。

香取慎吾が“隠し子”を否定!「重大発表」引退か?の記事はコチラ

スポンサードリンク
スポンサーリンク

2017年の北朝鮮への爆撃が秒読みだ!

2017年4月5日の朝に北朝鮮がまたもや弾道ミサイルを発射したのだ!

このミサイルは日本海に落ちたが、これから中国と会議しようとして矢先のことで、

これらの行為にアメリカのトランプ大統領も先制攻撃を下す可能性が高くなってきたのだ!

これまでは、非難はするが、実際の行動は何もしてこなかったのです。

⇒米空母打撃群が朝鮮半島へ – 産経ニュース

⇒米空母打撃群が朝鮮半島へ – SankeiBiz(サンケイビズ

また2017年4月中には北朝鮮は核実験を行う事も、

監視(偵察衛星)により明らかになっております。

そうなってくると北朝鮮側もアメリカの攻撃には、

先制攻撃で対処すると強気な姿勢は変わらない!

この表現は、言う自摸の北朝鮮の態度なのです。

このまま拳をあげた状態で話し合いもする余地もない状況では、

第3次世界大戦も秒読みになってきたと、

世界中が注目しているのです。

米中首脳会談の成果は?

2017年4月6日からアメリカと中国の首脳会談が行われるました!

しかし、仲良く離れたが、得るものは何もなかったのです。

「中国がやらなければ、我々が行動する。」

「すべての手段が、テーブルの上にある」

と、トランプ大統領は宣言しているのです。

現在の大統領は中国の協力がなくても単独でも北朝鮮と戦争すると、

報じられていることから北朝鮮との国交のある中国の出方が

注目されていたのですが、回答は得られなかったのです。

スポンサーリンク

日本の米軍基地は?

中國は、アメリカ本土を狙う能力は持つようになったのですが、

直接は、日本の米軍基地なのです。

【陸軍】

在日米陸軍は、キャンプ座間(神奈川県座間市・相模原市)に司令部がある

第9戦域支援コマンドから改編された第1軍団前方司令部、

在日米陸軍基地管理本部、第10地域支援群などを主要な部隊としている。

【海軍】
 在日米海軍は、横須賀海軍施設(神奈川県横須賀市)に司令部がある。

• 横須賀海軍施設(神奈川県横須賀市):米第7艦隊空母機動群の事実上の母港

• 厚木航空施設(神奈川県綾瀬市・大和市):第5空母航空団(空母艦載機本拠)

• 佐世保基地(長崎県佐世保市):第7艦隊の強襲揚陸艦群の事実上の母港

【空軍】

在日米空軍は、横田基地に司令部がある

• 横田基地(東京都):司令部。第374空輸航空団、第730航空機動中隊等。

• 嘉手納基地(沖縄県):在日空軍最大基地。第18航空団等。

• 三沢基地(青森県三沢市):第35戦闘航空団等。

【海兵隊】

在日米海兵隊には、実戦部隊である第3海兵遠征軍と、

基地部隊である在日米海兵隊基地部隊の二系統がある。

基地部隊司令部は宜野湾市を中心にあります。

【沿岸警備隊】

沿岸警備隊は、空軍横田基地内に沿岸警備隊極東支部が置かれている

なんといっても、沖縄県が、基地が多いので、最も危険なのです。

さらに問題なのは、命中精度です。

それほどではないとの噂があり、危険がさらに大きくなるのです。

なぜ4月27日か?

湾岸戦争も、イラク戦争も新月(月例0)で、月明かりのない夜に空爆しております。

なんといっても、ステルス機や高度なレーダーを有する米軍には位や感が有利なのです。

2017年4月27日(木):月齢0,59

開戦根拠は?

◆ 米韓合同軍事演習が4月末に終了する。

◆ THARDミサイルの配備が4月末には完了する。

◆ 4月18日~20日 ペンズ米副大統領来日する。

◆ 月明かりの夜間(新月)は、4月27日だ。

◆ 韓国大統領選挙が5月9日に予定されている。

◆ 中國の制裁がほとんど期待できないことが、米中会談でわかった。

等などがあげられますが、

当然、日本、韓国を主体に調整し、中国も参考にすることでしょうから、

空爆は実行されないことも、十分あり得るのです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事はコチラ