のん 能年玲奈 現在の画像がさわやかで、俳優好感度ランキングV2達成した!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

「週刊文春恒例のアンケート企画「好きな俳優」「嫌いな俳優」の最新版調査で、

「好きな女優」部門で、のん(能年玲奈)が前回に続き、V2を達成しました。

男優では前回、木村拓哉(44)が「好き」「嫌い」の両方で2連覇を続けていたが、

今回、両部門3連覇とはならなかったことが数巻文春で公表されました。

能年玲奈さんは、何故、そんなに人気がるのでしょうか?

プロフイールと、その原因について調べて見ました。

久保田悟(けん玉チャンピオン)成績とけん玉のコツの記事はコチラ

スポンサーリンク

能年 玲奈のwiki風プロフ

◆ 名前:能年 玲奈(のうねん れな)

◆ 別名:のん(2016年7月より)

◆ 生年月日:1993年7月13日(23歳)

◆ 出身地:兵庫県神崎郡神河町

◆ 血液型:A型

◆ 身長:164㎝

◆ 職業:女優、ファッションモデル、創作あーちすと

◆ ジャンル:テレビドラマ・映画・CM

◆ 活動期間:2006年~

◆ 家族:妹(1歳下)

◆ 特技:絵を描くこと、

◆ 趣味:ギター演奏、読書、アニメ鑑賞、

◆ 事務所:レプロエンタテインメント(2006年 – 2016年)、non(2016年 – )

2006年、ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』(新潮社)のモデルだった新垣結衣に憧れて

第10回ニコラモデルオーディションに応募し、

グランプリを獲得したのが芸能界入りのキッカケでした。

2010年、映画『告白』で生徒役として台詞はなかったものの女優デビューしたのです。

2015年4月、所属するレプロエンタテインメントに無断で同年1月に

個人事務所「三毛&カリントウ」を設立していたと報道され、事務所独立騒動が発生した。

この事務所独立騒動の影響もあってか、レギュラー出演していたラジオ番組や

テレビCMも次々に終了し、事実上の休業状態となった。

翌2016年7月にレプロエンタテインメントとの契約が終了すると報じられ、

同月15日発売の『FRIDAY』の取材で久しぶりにメディアの取材を受け、

芸名を「のん」に改名する事を発表したのです。

同月21日発売の『週刊文春』では、自身が代表取締役を務める個人事務所

「株式会社non」を設立したと報じられ、現在に至っております。

俳優好感度V2は?

「週刊文春恒例のアンケート企画「好きな俳優」「嫌いな俳優」の最新版調査で、

「好きな女優」部門で、のん(23)が前回に続き、V2を達成した。

男優では前回、木村拓哉(44)が「好き」「嫌い」の両方で2連覇を続けていたが、

今回、両部門3連覇とはならなかった。

アンケートは3月6日から約3週にわたって、

文春オンラインの無料メルマガ会員を対象に募集され、全体で6900超の票を集めた。

のんは改名後初の俳優アンケート。2015年3月の前々回は、能年玲奈として、

綾瀬はるか(32)に次ぐ2位。

2015年12月の前回は綾瀬を上回り、

初の1位に躍り出た。今回は2位の新垣結衣(28)にダブルスコアの大差をつけて圧勝。

綾瀬は今回3位に後退した。」

何故に環奈に人気があるのでしょうか?

特別美人でもないし(失礼!)キャラも特に異彩を放つほどでもない(失礼!)

のに、何故でしょうか?

そこには、必ず、理由があるはずです。

次節で検証しまます。

スポンサーリンク

能年玲奈の魅力とは?

長くならないように加除が気で示しますね!

【魅力-1】男性には、「彼女にしたい女性No-1」

【魅力-2】特に女性に支持されている。・・『あまちゃん』が基盤!

【魅力-3】鮮烈な美少女ぶりが支持されている。

【魅力-4】小動物や赤ちゃんのような表情に、年上世代に魅せている。

【魅力-5】子役スターのように愛されている“国民滝女優”である。

【魅力-6】『ホットロード』では、若い女性に高感度大。

【魅力-7】同様に、原作ファンノ30~40代女性にも好評だった。

【魅力-8】“能年ワード”(バラエティー、インタービュー)に強烈に引き込まれている。

【魅力-9】独創的ファッションや絵を描いた洋服のアーティステックな世界に引き込まれている。

【魅力-10】カルチャー好み(ガイ・リッチィ、レディオペット)などの
カルチュアー好みが、ひねりが聞いていて、独自の着眼点や感性豊かな
トークにハッとさせられるそうです。

【魅力-11】『ぐりぐりぐるみ』写真集も評判です。

【魅力-12】能年のフワフワしたマイペースなトークを、“天然”“ぶりっ子”と敬遠する女性もいるが、
むしろ逆で、空気に飲まれず自分の言葉で表現する真摯さ、
バラエティでハジけるときの驚くべき度胸がるというのです。

【魅力-13】最新主演映画『海月姫』は、そんな能年の魅力が詰まった作品といわれているのです。

調べているうちに、こんなの奥の表現が彼女に降り注ぐとは思いませんでした。

改めて、映画を観て見なければならないと、強く感じたのです。

ネットの反応は?

https://twitter.com/blanche_m09/status/846982982460231680

祝福の声が多数ですね!

まとめ

やはり、『あまちゃん』が基盤なのですね!

しかし、これはチャンスでしかなかっと思うのです、

根に素晴らしいものがあるので、

継続して感銘を耐え続けたという事でないでしょうか?

希薄な物には、ファンは敏感ですから、すぐ飽きられて死会います。

“魅力”を調べているうちに、“まだか、まだか?”

と思う位あったのには驚きました、

しばらくは、トップを続けること間違いなしですね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク