萩原聖人は木村拓哉と不仲だったが和解し共演もした!麻雀はプロ級伝説あるとは本当か?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

人生最高レストランに萩原聖人が出演されます。

「カウンターで食べる!超美味★究極ひとり飯」というものです。

俳優として芸歴の長い萩原聖人さん。

麻雀以外のエピソードも数多くありのです。

2001年、舞台の出演も決まっていましたが、

2000年末、突発性難聴の為、耳の機能を一時期失う事となり、

出演を断念する事もありました

みごとな、ボーカル&サックスも披露したことがあります。

そんな、萩原聖人さんが、“食”のレポートをどこまで表現できるか?

見ものです!

そんな、萩原聖人さんに迫ってみました。

谷さえことは何者か?Wiki風プロフと昭惠夫人との関係は?の記事はコチラ

スポンサーリンク

萩原 聖人のwiki風プロフ

◆ 名前:萩原 聖人(はぎわら まさと)

◆ 愛称:ハギー

◆ 生年月日:1971年8月21日(45歳)

◆ 出身地:神奈川県茅ヶ崎市

◆ 身長:175㎝

◆ 体重:56kg

◆ 学歴:東京都立戸山高等学校の定時制に入学したが中退。

◆ 職業:俳優・声優・ナレーター・雀士、

◆ ジャンル:映画・テレビドラマ・アニメーション・吹き替え

◆ 活動期間:1987年~

◆ 趣味:フィギュアなどのグッズ収集家、麻雀、

◆ 事務所:アルファエージェンシー

幼少期(3歳)に両親が離婚し、父親側に引き取られるが、

小学4年生の時に父親は他界してしまったそうです。

その後は15歳まで茅ヶ崎で父方の祖父母に育てられたので、

母親とはほとんど一緒に暮らしたことがないという少年時代を過ごしたわけで、

いわゆる、母の愛と言う温かさを体感できていないのです。

学生時代は「突っ張っているのが自分の存在価値」

というポリシーの下、教師たちと敵対関係にあったのも

それを物語っております。

甘えという事の知らない青年とでも言いましょうか?

少し、冷たいかもしれませんね!

その後に短期渡米し、ニューヨークで観た

映画の観客の様子に感銘を受け、

役者という仕事に興味を持つようになったそうです。

日本へ帰国後、新宿区で母親が経営するバーを

手伝っていたときに、客として来ていたテレビドラマ

『あぶない刑事』

のキャスティングスタッフたちの目に留まり、

スカウトされたのです。
片親で育てられて、雰囲気が、“ニヒル“な感じがあり、

男の魅力が漂っていたのかもしれませんね!!

テレビドラマ『夏子の酒』で共演した女優の和久井映見と、1995年11月に結婚し、

1999年10月に第1子(長男)が誕生しておりますが、

2003年7月に離婚しました。

長男の親権は妻方の和久井が持っているそうです。

萩原 聖人はキムタクが嫌いだったが和解した?

「本当に撮影中一言も口を聞かなかった」と話し、

嫌いだった俳優は、

「誰?誰?」と聞かれると、キムタクは、「萩原聖人」と名前を明かしたのです。

木村さんは当時、萩原さんのことがとにかく嫌いだったようで、

萩原さんが「ちょっと監督、話あるんだけど」と撮影を中断しただけでも

「いちいちイラつく。なに現場止めてんだコノヤローって」。

萩原さんが、現場で大好きな麻雀の雑誌を読んでいるのを見ても

「馬鹿じゃねーの」

と思っていたという。

それから12年ほど経って再び共演したときは、

特にわだかまりもなく普通だったのです。

麻雀の雑誌についても

「あのときは信じられなかったけど、今は凄い気持ち分かるわ」

と笑いながら話せたということだ。

元々エキセントリックな面もあったが、

硬派な役作りのために気合いが入っていたこと、

そして何より、共演者へのライバル心が、

最初の木村さんへの態度に繋がったのかも知れないと、

同情する向きもあったのです。

木村さんが嫌いだった俳優を実名で明かしたことはネットでも話題になり、

「こういうのは和解しているから言っているわけでね」

というもののほか、

「アイドルがバカされてた時代確かにあったな?」

「なんで名前伏せなかったんだ?」

といった感想が出ていたのです。

キムタクは、どちらかというと、

“融通の利かない硬派”のイメージがあり、

また聖人は、若いときは無頼漢で、人の指図を嫌う性格だったので、

波長としては、共鳴しないお二人なのですよね!

撮影中に、“麻雀”の本を読むのは、

キムタクにはどうしても受け入れることが出来ないのは、
分かるような気も致します。
そんな感情も、気に留めないのが聖人でもあるのですね!

大人になった、仲直りしたのは、良かったことですよ!

 

スポンサーリンク

萩原 聖人のマージャンの腕前は?

麻雀が趣味で、“雀士”の称号もあるくらいで、実績も凄いのです。

◆ 1995年に「第6回麻雀最強戦各界雀豪大会」で優勝。

◆1999年に「New Wave Cup」で優勝。

◆モンド21麻雀プロリーグでは、

「第5回モンド21杯(初回放送:2004年)[18]」で優勝。
◆USENが提供しているインターネットテレビサービスGyaO

オリジナル番組の『第一回東風王決定戦』における決勝戦では、

女流プロ雀士二階堂亜樹、和泉由希子、黒沢咲を相手に

大差で勝利し優勝を飾ったのです。

2015年4月10日にフジテレビで放送された

『芸能界麻雀最強位決定戦「THEわれめDEポン」』

において役満国士無双(最高得点獲得できる役です)を出したのです。

奇しくも堺正章、加賀まりこ、坂上忍は、

その9年前に萩原が同番組で役満大三元(最高得点獲得できる役です)を出した時

と全く同じ面子であったのでした。

自分だけにとどまらず、声をかけて相手が

プロ雀士になるほどの影響を与えたこともあるのです。

テレビ放送中に“役満”(最高得点獲得の意味)を出すと言う

神業を幾度も披露されているのです。

これは、4人で演じるゲームでもあり、かなり難しい現象なのです。

ネットの反応は

◆ 萩原聖人凄いよな!あの場で国士無双は感動したわ!

◆ ネットユーザーも興奮状態で、

「9年前も同じ面子で役満上がってるってこの人ホンモノだわ…」
「何だこの引きは…マジでリアルアカギじゃないか…」

と驚きの声が上がっている。

 

 

評価が高いですね!対戦してみたくなりましたよ(笑)

まとめ

片親に育てられて、不良時代も経験して、

男らしく演技をし、人気も十分!

何事にも熱中するタイプで、敵もいる。

しかし、自分の演技に全力投球は、評価されるべきです。

“食”をテーマにしたテレビに出演して、

どう表現するか楽しみでもあります。

頑張れ!応援しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク