籠池氏(森友学園)が松井知事と安部首相を嫌うわけは?はしごはずされた?逆恨みか?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

籠池氏が、3月23日、参議院と衆議院の予算委員会で証人喚問を受け、

かなり明快に答えたが、行き違いがはっきりしてきました。

今回は、“始まり”であり、今後も喚問が続き、

事実が徐々に明かされていくことと思います。

籠池氏は、松井知事に“はしごを外された!“

と言い、松井知事は、“逆恨みだ!”と反論しております。

証人喚問の問答を吟味しつつ、迫ってみたいと思います。

籠池泰典のWiki風プロフと経歴!の記事はコチラ

籠池奉典の文春砲 安部昭惠(首相夫人)を撃つの記事はコチラ

谷さえことは何者か?Wiki風プロフと昭惠夫人との関係は?の記事はコチラ

スポンサーリンク

松井 知事のwiki風プロフ


◆ 名前: 松井 一郎(まつい いちろう)

◆ 生年月日:1964年1月31日(53歳)

◆ 出身地:大阪府八尾市

◆ 学歴:福岡工業大学工学部電気工学科卒業

◆ 職業:大阪府知事

◆ 所属政党:大阪維新の会/日本維新の会・・各代表

3兄弟の長男であり、末弟の娘が大阪ご当地アイドル『minAmin』のリーダーである。

家族には妻のほか、長男と長女がおります。[

2011年11月28日から現職を務めております。

大阪維新の会幹事長、維新の党幹事長、維新の党顧問、

日本維新の会幹事長、大阪府議会議員(3期)などを歴任した。

住之江競艇場の照明・電気設備関係の工事・保守を

一手に請け負う株式会社大通の元代表取締役です。

2010年(平成22年)に橋下徹が代表を務める

地域政党大阪維新の会に参加して、幹事長に就任。

2015年9月26日、大阪維新の会は同年11月実施の

大阪府知事選挙に松井を擁立することを正式に決定した。

松井は再選を目指し出馬し、11月22日、202万票を獲得し、

再選を果たしたのです。

 

籠池氏の松井知事嫌いは?

 

 

「そもそも、認可適当と大阪府からいただき、国有地を定期借地契約を結んだ。

認可適当は大きな担保で、それが取り消しになったのはないと聞いている。

それが大阪府の中で何があったか分からないが、

大阪府の担当者の話し合いがうまくいかず、

取り下げた結果、銀行の取引の約定が出来なくなり、今に至る。

九分九厘出来上がって、はしご段を外されたのは、

大阪府の松井知事だと思っております。」

と明快に話したのでした。

また、次のようにも話したのです。

「松居知事がTVで表現したので、私学審議会がストップしたのではないかと思っている」

「松井知事への働き掛けは・・私学審議会への圧力はあるはず。」

その意味では、“けしからん”と思っております。

とまではなしたのです。

さらに、 籠池氏は、参院予算委員会で山本太郎議員からの

「はしごを外されたと強く思う、怒りを感じる政治家は?」

と質問され「大阪府知事です」と即答したのでした。

山本議員は「大阪府知事以外では?」と重ねて質問したが、

籠池氏は「大阪府知事です」と再び答えていた。

しかし、下地議員からは、

「はしごは外されたのではなく、あなたが落ちた」

と釘を刺される場面もあったのでした。

スポンサーリンク

松井知事の反論は?

大阪府の松井一郎知事が23日、ツイッターを更新し、

森友学園の籠池泰典氏がこの日行われた参院予算委員会の証人喚問で、

はしごを外した政治家について「大阪府知事」と答えたことに

「逆恨みはやめていただきたいものです」

「何故、恨まれなければならないのか?意味不明です」

などと反撃したのです。

これを受け、松井知事は

「籠池氏は、僕にはしごを外されたと恨んでいるようですが、

申請書類に虚偽記載濃厚となれば、手続きを見直すのは当然です。

逆恨みはやめていただきたいものです」

とツイートしたのです。

更に2時間後には、松井知事とは1対1で会ったことはないと証言した籠池氏に対し

「松井とは、会ったことも無い。はしごは自分でかけた。

かけたはしごは虚偽だらけ、でもそのはしごを外した松井を恨んでる。

何故、恨まれなければならないのか?意味不明です」

と再ツイートし、籠池証言に反論していた。

ネットの反応は?

https://twitter.com/ytokumo/status/844871640093618176

知事もSNSを活用して、意見を発信する時代になったのですね!

まとめ

多くの部分で、整合の取れないことが明らかになりました。

この証人喚問は、一連の事件の解明の“はじまり”なのです。

松井知事も召喚されるかもしれません!

安部首相は、証拠が不十分なことが“幸い?”してか?逃れたとしても、

支持率の低下に拍車がかかることは避けれれそうにありません!

場合によっては、大打撃に発展するかもしれません!

しばらくは、目が離せませんよ!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ