“ららぴ るるぴ”は双子の整形アイドルで昔と今も変わりはないようだ?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

美容整形した双子アイドルの「ららぴ・るるぴ」が20日、

フジテレビ系「バイキング」に出演し、

ネット上で

「そこまでして売れたいのか」
「親に謝れ」

などと批判され、炎上していることについて、

「散々、言われているんで、もう慣れましたけど…。

あくまで自己満足なので、他人にとやかく言われたくない」

と反論した。

このことが、ネット上で話題を呼んでおります。

双子が整形するとは?どんな理由があったのでしょうか?

早速、迫ってみました。

山本裕典 干されて解雇の原因はフライデーか?の記事はコチラ

スポンサーリンク

ららぴ るるぴのwiki風プロフ

 

どうやら2人ともおなじプロフィールのようですが、

 

情報は非常に少ないですよ!

◆ 名前: ららぴ るるぴ

◆ 生年月日:?年1月6日(22~23歳・推定)

◆ 出身地:関西弁が出てくるので、関西圏の出身

◆ 血液型:A型

◆ 身長:158㎝

◆ スリーサイズ:80-57-81

◆ 学歴:高等学校卒業

◆ 職業:モデル、タレント、

◆ 趣味:双子コスプレ

◆ 特技:双子料理(こんな料理あったかな?)、双子ゲーム、

◆ 家族:姉が“ららぴ”(普通は、左側?)、妹が“るるぴ”です

◆ 所属:株式会社 01familia (ゼロイチファミリア)

「株式会社 01familia (ゼロイチファミリア)」

整形していることをあっさりカミングアウトして、

話題になっていたりしますが、それに加えて過去には

新宿・歌舞伎町で水商売の道にいたことも隠さずに話しています。

ららぴが働いていたキャバクラは歌舞伎町の有名店

『CELUX』

です!

当時の源氏名は「本城らら」として働いていたようです。

「まなかな」「ざ・たっち」「工藤兄弟」などの双子タレントがおりましたが、

ここまで一緒ではなかったですよね!

しかも、趣味が、「双子コスプレ」、特技:「双子料理」、「双子ゲーム」、

となんにでも“双子”でなければならないようですね!

二人で一つですから、料理など分担が出来ていいですよね!

 

二人分ではなく、ふたごりょうりという下の写真を示しますが、ところが面白いですね!

黒髪が「ららぴ」、茶髪が「るるぴ」です。

スポンサーリンク

ららぴ るるぴが整形した理由は?

一卵性双生児の2人。佐々木希に憧れる姉・ららぴが、

佐々木を真似て目と鼻を整形したため、

双子なのに似なくなったとして妹・るるぴも整形したという。

整形した費用は2人で合わせて400万円かかったというのです。

整形の理由は、バラエティ番組で披露しております。

「もともと姉のららぴさんが、佐々木希さんに憧れて整形手術を受けました。

それを知ったるるぴさんが、ららぴさんの写真を持って整形外科に行き、
顔が似るように手術を受けた」

と言うことのようです。

趣味や特技も“双子・・・”ですので、違う顔になるのが嫌だったのでしょうね!

「姉が勝手にでしゃばって、妹も後を追っかける」

と言う構図ですね!

 

整形前の方が“かわいい”と言う意見も多いのです。

 

番組では整形前の写真も公開したのです。
すると、企画MCのタレント・土田晃之は

「絶対やってないほうがいいじゃん」

「今の方が作った感があるから」

と即コメントしたのです。

共演者たちからも
「(整形前は)かわいいー」

「(整形)失敗だー!」

などの声が飛び、ららぴ るるぴは微妙な表情を浮かべていたそうです。

スポンサーリンク

ららぴ るるぴ活動は?

ららぴるるぴの2人は、
今のところテレビではあまり活躍していないそうです。

ゲーム好きなため、動画内のゲーム企画参加やコスプレを披露しています。

 

姉のららぴは過去に新宿・歌舞伎町で水商売をしていたことも明かした。

趣味が、「双子コスプレ」と言っておりますので、
即、仕事にそのまま生かしているという事のようです。

⇒ららぴのツイッターはコチラ

⇒るるぴのツイッターはコチラ

スポンサーリンク

まとめ

整形により美しくなるなら分かりますが、双子を忘れて、

勝手に成型する気持ちが分かりませんね!

似ているというより、ただ「酷似」のレベルにまで達してしまったのです。

双子アイドル ”ららぴ るるぴ”さん!

ネットでは売名と騒がれて、騒然となっておりますが、

タレントですから、チャンスをもらうためには売名も大事だと思いますし、

どなたもその心は持ち合わせていると思います。

重要なのは、そのチャンスを活かせるかどうかということです。

“ららぴ るるぴ”の今後の活躍を祈っております。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ