鴻池祥肇(こうのいけ よしただ)元防災担当相に森友学園疑惑が?大学や経歴は?女性問題も!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

森友学園問題で陳情整理報告書が国会で暴露されて、

問題があますます複雑ですが、かなりの部分が判明してきました。

鴻池元防災相が突如会見し、関係を暴露しました。

それは、学園側と国会議員、近畿財務局、文部省、
財務局などとの関係が、あまりにも迅速に処理されており、

また、学園側の要望が期待した以上の成果に結びついております。

安部首相、昭惠夫人を巻き込んだこの問題はまだまだ尾を引きそうです。

早速、経過と陳情整理報告書の内容について見ていきましょう!

安倍昭恵 土地スキャンダルで名誉校長辞任、
「あいさつ」も削除した!逮捕や大麻の関係の噂を検証!の記事はコチラ

スポンサーリンク

鴻池 祥肇のwiki風プロフ

◆ 名前:鴻池 祥肇(こうのいけ よしただ)

◆ 生年月日:1940年11月28日(76歳)

◆ 出身地:兵庫県尼崎市

◆ 学歴:早稲田大学教育学部卒業

◆ 職業:参議院議員

◆ 前職:尼崎港運株式会社、尼崎青年会議所理事長、日本青年会議所会頭、

◆ 所属政党:自由民主党(麻生派)

◆ 称号:教育学士(早稲田大学)、全日本剣道連盟剣道六段

日本青年会議所会頭を経て、1986年の第38回衆議院議員総選挙で
旧兵庫2区より初当選しております。

2002年9月30日発足の第1次小泉改造内閣で、構造改革特区担当大臣、
防災担当大臣として初入閣しました。

2003年9月から2005年10月まで参議院決算委員長の要職を担当されております。

2008年9月、麻生内閣で内閣官房副長官(政務担当)に就任。

その後、間質性肺炎のため入院、2009年5月13日に辞職した。

その間には、女性問題を度々起こしております。

2009年1月15日発売の「週刊新潮」に、鴻池官房副長官の
「議員宿舎」に泊まる超一流企業の「美人妻」
と題した写真付きの記事が報じられた。

2009年5月13日発売の「週刊新潮」に、4月28日に女性と
静岡県の熱海温泉へ旅行、30日まで同じ部屋で宿泊し、

その際、国会議員に与えられるJR無料パスを使ったことを報じた記事が掲載された

こうした状況を受け、首相の麻生太郎はあくまで健康問題が
原因の辞任であるとの見解を示したものの、
事実上は一連の不祥事の責任を取る形で内閣官房副長官を更迭した

その後、自民党兵庫県連は鴻池を処分として最も重い除籍とされたのです。

 

森友学園との関係は?陳情整理報告書から・・

大阪市の学校法人「森友学園」への国有地払い下げ問題で、
自民党の鴻池祥肇(こうのいけよしただ)元防災担当相側と、

同学園の籠池泰典理事長側とのやりとりを記した
陳情整理報告書が暴露されたのです。

手書きで埋まった文面からは、国への働き掛けを求めて
陳情を重ねていく理事長らの姿が浮かび上がったのです。

3月2日には、鴻池氏が会見し、陳情のあったことを認めて
以下のように話したのです。

陳情回数は、2013年8月から昨年3月までの間に15回に上り、
「紙包み」(金品)を提供したことも明らかにしました。

お金は、「無礼者!」と一括して突き返したそうです。

鴻池氏の地元事務所(神戸市)が作成した陳情整理報告書によるもので、

経過の初回は、2013年8月5日。
国有地8770平方メートルが売りに出された約2カ月後だったのです。

森友学園が鴻池事務所とは、接触回数が26回にも及び、
要望が次々と達成されていくメモが公表されているのです。

「上からの政治力で、早く結論が得られるようにお願いしたい。」
「賃借料をまけてくれませんか?」

等をお願いしているのです。

3月2日の読売新聞には、小学校認可では、大阪府議・中川隆弘氏、

国有地取得では、元鴻池氏の秘書だった兵庫県議・黒川治氏にも
接触していたことを報じました。

これだけの便宜は複数の議員の関与が指摘されているのです。

同学園が財務省近畿財務局に用地の取得要望書を提出した後の
9月13日、

籠池理事長が、土地の貸借と、
認可について「ニワトリとタマゴの話」として相談し、

土地貸借には大阪府による小学校の認可が必要な一方、
認可には近畿財務局の土地貸借決定が必要となる状態を

「何とかしてや」と求めたのです。

これに対し、事務所は「どこが教育者やねん!」と報告書に書き込んでいた。

何故、国有地を8年という長い期間の賃借をOK!したのかが疑問で、
何か大きな力が働いているとしか思えないのです。

ましてや、さらに「まけてくれ!」とまで言っているのです。

その後、陳情はより具体的な金額を示した中身へと
エスカレートしていった。

「評価額を低くして」(13年10月12日)

「予算オーバー。10年間賃料・3500万円/年を2500万円に、
売却予定額15億円を7~8億円に(下げること)が希望」

鴻池の事務所の秘書は、

「不動産屋ではないので、当事者間で交渉してくれ!」

と嘆いていたのです。(14年1月31日)

一方、籠池理事長に不快感を抱きつつ、同学園、国からの相談や
報告を20回以上にわたって受けてきた事務所だったのですが、

「現状、お断りします」

と、16年3月14日、籠池理事長から財務省本省への
取り次ぎを求められ、拒否を伝えたのでした。

しかし、要望は、見事に達成されて、望んだ以上の成果を勝ち得ているのです。

その後に、約2年半にわたる陳情の記録が途切れたのです。

スポンサーリンク

安倍昭惠首相夫人と森友学園の関係は?

安倍昭惠夫人は、学校法人「森友学園」の名誉校長
就任しておりましたが、

2月24日までに義認したことはすでに報じられております。

また、あいさつも削除されたのですが、

そこには、はっきりと

籠池理事長の

「教育に対する熱き思いに感銘を受け、就任させていただきました」

と記されていたのです。

また新たに「鈴蘭会の名誉会長」に就任していたことが判明しました。

(鈴蘭会は、福岡市に本部があり、江戸時代の学習法で、
「論語」などの漢文を声を出して読む“素読(そどく)”を普及させる団体です。

安部総理の秘書も役員(無報酬)しており、
昭惠夫人も居酒屋で定期的に“素読会”に参加しているのです。

「漢文の古典を音読していく素読は、「四書五経」の中の
「大学」「中庸」「論語」などを毎日、声を出し、

姿勢を正して読むことによって、自然と体の中に沁みこんでいき、
心に活気、自信、意欲を与え、精神力を養います。

無気力といわれていた若者がいつの間にか進んで
参加するようになり、生き生きとした表情に変わっていきます」

との昭惠夫人の言葉です。)

この「素読」に感動して、

「一緒にやりましょう!私に手伝うことがありますか?」

と述べていたのです。

しばらくして、

「私名誉会長をやりましょう」

との申し出をしたのです。

昭惠夫人は、「森友学園」の教育

方針には、

大変感銘しており、サポートしていきたいとの希望は強かったのです。

かなり共鳴すべきものがあったと思われます。

「森友学園」は、鈴蘭会の教科書を使っていることで、

密接な関係になっていったのです。

「森友学園」はふたを開けて見たら、

大変偏った教育方針のため保護者の評判は良くないのです。

ネットの反応は?

安部首相、昭惠夫人、鴻池氏、学園、各役所の関係を疑う書き込みが多いですね!

これからの進展が心配です。

まとめ

安部首相は国会答弁で、

「「名誉校長」断れなくて引き受けてしまった!」

と答弁していますが、昭惠夫人は、そうではなく教育方針に

“感銘”を受けて積極的に応援しているのです。

明らかに安部首相の表現は、違っているのです。

学園側の要望は、ドンドン下げられ、叶えられていったのです。

その背景には、何か大きな力を感ぜざるを得ないのです。

今後の推移を注意深く見守っていかなければなりませんね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク