清水健が中谷しのぶと再婚って本当?激やせの理由は宗教だという噂も・・

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

読売テレビの生放送番組『かんさい情報ネットten.』で

 

メーンキャスターを務める清水健アナウンサー(39才)が、

乳がんを患った妻との闘病生活を振り返った手記

『112日間のママ』(小学館)

を出版し、話題を呼んだのですが、

ここにきて、再度話題になっております。

それは、今までは明確に否定し続けてきた、

市長選への出馬が取りざたされているからなのです。

奥さんの死、イクメンの苦労、講演活動、激ヤセ、

再婚の話題など、関心が増大しております。

いま時には、珍しい好青年の挙動に迫ってみました。

細川茂樹の現在が悲惨過ぎると話題!最低のパワハラには中居正広も関係?の記事はコチラ

スポンサーリンク

清水 健のwiki風プロフ

◆ 名前:清水 健(しみず けん)

◆ 生年月日:1976年4月19日(40歳)

◆ 出身地:大阪府堺市南区

◆ 血液型:A型

◆ 学歴:中央大学文学部社会学科

◆ 職業:讀賣テレビ放送・アナウンス部、

現・一般社団法人清水健基金の代表理事

◆ ジャンル:報道・情報・スポーツ番組

◆ 活動期間:2001年~2017年

◆ 家族:独身(妻死別)、長男、

高校時代には、陸上部に所属。100m走で10秒9という公式タイムをもつ。

大学時代には、体育会アメリカンフットボール部に所属。

身長が161cmと小柄ながら、持ち前の俊足を生かした突破力を
武器に、ワイドレシーバー(WR)としてプレーオフで活躍した。

清水健基金を通じての活動へ専念する意志や、

「子どもとの時間を大切にしたい」

という意向が強いことから、2016年の12月上旬に読売テレビへ
退職願を提出したのです。

視聴者に向けて

「妻の三回忌を前に、ガンの撲滅やガン患者の入院施設を
支援する活動に専念させていただくことになりました。
『今、私ができることは何なのか』
を悩みに悩んで考えた末に、退社の決断に至りました。
番組を通して、皆さんにお会いできることが私の大きな力です」

と語ったのです。

以後の行動は、これがすべての基底になったのです。

清水健FaceBookはコチラ

中谷 しのぶのwiki風プロフ

◆ 名前:中谷 しのぶ(なかたに しのぶ)

◆ ニックネーム:しのぶちゃん、こけし、

◆ 生年月日:1988年9月?日(28歳)

◆ 出身地:兵庫県西宮市

◆ 血液型:O型

◆ 身長:162㎝

◆ 学歴:同志社大学文学部

◆ 職業:アナウンサー(読売テレビ)

◆ ジャンル:情報、バラエティ番組、

◆ 趣味:スナップ写真・散歩、映画鑑賞、

◆ 特技:ピアノ、英語(英検1級・TOIEC910点))

◆ 活動期間:2011年~

父親の仕事の関係で、3歳から9歳までハワイ・マウイ島、オアフ島に在住。フラダンスも習ってた。

スポンサーリンク

中谷しのぶとの結婚は?

清水健さんとは、同時期に「朝生ワイドす・またん!」
を一旦離れると番組内で公表してことで、

彼女も清水さんと同じく退社すると勘違いされて、
退社=結婚と二重の勘違いで、

噂が飛び交ったと言われております。

またFaceBookでは、

「中谷とはもう長い付き合いですが…、分からん(笑)、この子は。」

と述べているのですが、これをどのように受け止めるかですよね!

悪い印象はなさそうですが、現在のところ、結婚という気配はなさそうです?

美人アナの結婚は、皆さんが期待しておりますので、
じらさないでほしいですよね(笑)

激ヤセは宗教か?

夕方の情報ニュース番組『かんさい情報ネットten.』
のメインキャスターを5年以上務め、主婦層を中心に絶大な
人気を誇る看板アナウンサーでした。

それに加えて、妻を癌で失い、幼い子どもを男手で育てるイクメンとしても知られる。

妻の死から1年後の今年2月には、その体験を綴った手記
『112日間のママ』(小学館)を出版し、大きな話題になった。

<以下から購入できます>

その後、癌撲滅や難病対策に取り組む「一般社団法人清水健基金」を設立し、

手記の売り上げ、講演会の収益などを医療機関や患者団体へ寄付しているのです。

代表理事としての業務に専念するために、読売テレビを退社し、
活動をしてきました。

退社理由は、清水アナは

「心も身体もいっぱいいっぱい」
「息子の前で心から笑えていない自分がいるな」

とその理由を語ったのです。

アナウンサーの仕事と子育てと講演の仕事が両立出来ないと
おっしゃって激ヤセなさってましたが、堺市長になったら

今まで以上に忙しく責任も重くなるのではないでしょうか?

昨年9月以降、3か月ほどで約20kgやせた。ベルトの穴を2つ縮めてもまだゆるいようです。

こんなに痩せたのですね!

調べても宗教の関連は一切ありませんでした。

それより、この記述がすべての根底にある事が分かりました。

「奈緒が亡くなってから、日記が出てきたんです。
B5くらいの大きさで、かわいいお人形が表紙のノートで、闘病中は、
突然入院したこともあって日記を持って行けないこともあったんでしょうね、
走り書きのある紙切れもはさんであったり…。思い切って開いた1ページ目に
清水健アナウンサー『健さんが、僕が死ぬことを前提に考えていることがすごく悔しい』
って書いてあったんです。
これはぼくが今、いちばん後悔していること。
『一緒に頑張ろう』『そんなデータ関係ない。おれたちなら大丈夫だよ』
って、なんで言ってあげられなかったんだろうって…」

このことが、アナウンサーを辞めて、基金を設立し“自分のできること”を追求する姿なのです。

堺市長選出馬か?

元読売テレビのアナウンサーの清水健が大阪堺市長選に維新の会から
出馬するそうですが、本当でしょうか?

記者時代から、大阪維新の会から“出馬要請”を何度も受けてきたのですが、
その都度“お断り”してきたのです。

さらに、読売テレビを退社するときには、

「選挙には出馬しない」

と、明言していたのです。

嘘にウソを重ねている清水さんに投票をしていいのか?といぶかる方も多いようです。

どんな心境の変化があったのでしょうか?

”嘘”と評価していいのでしょうか?

わたしは、そうは思いません!

言った通り正しかったのです。その後に様々な条件が重なり、

今回の決断に至ったわけで、瞬間の言葉だけにとらわれないで
判断することが大切だと思います。

まとめ

再婚、激ヤセなどを検証してみましたが、心配することはありませんでした。

おそらく、結婚は、しばらく考えられないでしょうし、
激ヤセも“宗教”ではなく、講演などの過労からでした。

全ての行動原理の基底に、

“奥さんへの想い”

が、ある事が分かりました。

堺市長選への立候補は、清水氏の “想い・理想” の実現のためには、

当然あり得ます。

応援致しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ