細川茂樹の現在が悲惨過ぎると話題!最低のパワハラには中居正広も関係?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

細川茂樹さんが、解雇されたのですが、裁判沙汰になり

“解雇無効”の判決を勝ち取りましたが、事実が多数上がっており、

これからも長引きそうです。

果たして何が起こっているのでしょうか?

早速、迫ってみました。

清水富美加ショックの影響は?芸能事務所の対策はあるか?法律上の問題は?の記事はコチラ

スポンサーリンク

細川 茂樹のwiki風プロフ

◆ 名前:細川 茂樹(ほそかわ しげき)

◆ 生年月日:1971年12月16日(45歳)

◆ 出身地:岐阜県大垣市

◆ 血液型:O型

◆ 身長:179㎝

◆ 学歴:大阪経済法科大学経済学部卒業

◆ 職業:俳優

◆ ジャンル:俳優・タレント

◆ 活動期間:1994年~

◆ 家族:三瀬真美子(2011年結婚- シェイプUPガールズ)

◆ 所属:サムデイ

公立はこだて未来大学特別招聘教授

1992年、雑誌『non-no』のボーイフレンドグランプリに選ばれる。

1994年にNTVドラマ『天国に一番近いママ』で俳優デビューする

家電と野生動物のマニアである。

2001年にはテレビ朝日系『弾丸!ヒーローズ』にレギュラー出演。
初のバラエティー番組進出であり、そこで共演したダウンタウンの
浜田雅功と親交を深めて以来、彼のことを「親分」と呼んでいる

2016年年いっぱいを持って所属事務所から契約を解除されるが
(パワハラが原因と一般的に報道されるが、事務所は理由を公式に発表していない)

細川側は「契約解除は無効」だとして東京地方裁判所に契約継続の仮処分を申し立て、
2017年2月21日に仮処分が認められた.

近年では、「家電俳優」として情報番組に出演し、家電へのこだわりと知識を披露するなど、活躍の場を広げていた。

スポンサーリンク

細川茂樹に何があったのか?

「家電俳優」としても人気だという俳優の細川茂樹さんが昨年(2016年)末、
所属事務所から解約解除を通知されていたことがわかった。

一方の細川さん側は「契約解除を裏付ける事情は存在しない」として、
契約解除の無効を求める仮処分を東京地裁に申請。
一昨日(2017年2月21日)、細川さん側の主張を認める仮処分が出た。

「事務所側が裁判所に提出した書面によると、その理由は、細川さんのパワハラ行為」だったというのだが。

【パワハラ・その①】

担当マネージャーへのハラスメントが酷かったそうだ。

平成20年(2008年)にロシアで行われた芸術祭に参加した際には、

マネージャーが事前にホテルの情報や広さなどを伝えていたにも関わらず、

細川さんはホテルに到着するなり、部屋が狭いと激怒。

マネージャーを正座させて1時間半、説教し、土下座を強要した上、

マネージャーの頭を靴を履いた足で踏みつけるなどしたという。

別の担当マネージャーもハラスメントで自律神経失調症となり、退社した。
ほかにも、勝手なスケジュール変更や業務の一部放棄があったという。

【パワハラ・その②】

マネージャーと2人きりになる送迎中の車内でも、細川は怒りの火花を散らしたという。

「『運転のしかたが悪い』と難癖をつけて、運転席にケリを入れてきたというんです。
結果、そのマネージャーは運転を誤って事故を起こしそうになったんです。
また、どんな簡単な打ち合わせでも必ず高級ホテル内のカフェを指定してきました」

<「マネジャーに土下座をさせるなどの行為や、業務を放棄することがあった」と主張したが、
「本人は“暴力など一切なかった”と話しており、
マネジャーとの関係も円満」と反論した。>

<細川のマネジャーが約3年間で5人交代していたことが23日、分かった。>


<原因は細川のハラスメント行為で、そのうち1人は、
精神的苦痛から自律神経失調症を患って退社したという。>

スポンサーリンク

細川茂樹の今後は?

「藤原紀香さんも在籍する大手系列のプロダクションだけに、
細川さんの“引き取り先”がそう簡単に見つかるとは思えません。

とはいえ、家電だけでなく、ゴルフや株式投資など趣味も多く、知識もプロ並み。
マルチな才能をテレビ以外のメディアでも発揮してほしいですね」

と、芸能レポーターは語るのです。

今回の契約解除については、度重なるパワハラを見かねた所属事務所社長が注意を与えたところ、

怒った細川が弁護士を引きつれて謝罪を迫ったことにあるとの噂がある。

真相は裁判で明らかになるものと思われるが、仮に事実なら

「上司に喧嘩を売る」形になるため、一般人にはなかなかできない大胆な行動なのです。

事務所とトラブルを起こしてしまったことで、
「今後の芸能活動は難しいのでは」と囁かれる細川茂樹さん!。

芸能事務所サムディは?

東京都港区に本社を置く日本の芸能プロダクションである。

女優・藤原紀香の担当スタッフが、
株式会社バーニングプロダクションから暖簾分けする形で1995年に設立されたのです。

バーニングとは言わずもがな、「芸能界のドン」
と呼ばれ恐れられる周防郁雄社長の率いる組織であり、

もはや細川が芸能界でこれまでのように仕事をすることは難しいだろう。

たとえば同じくバーニング系列のレプロから独立した能年玲奈が、

テレビに出られないという異常な状況が続いていることからも、
それは明らかのようです。

所属タレントは、藤原紀香、加藤あい、椎名法子、ドン小西、
宇津井健(故人)など多数とスポーツ選手もおられます。

最近では、芸能事務外のトラブルで言えば、清水富美加の出家がありますね!
レプロエンターテインメントは、顔ぶれだけを見れば、

超優良事務所であるが、看板女優とのトラブルが相次いでいるようです。

テレビ局関係者は

「レプロにはもうひとつの顔があり、
それは所属タレントとのトラブルが絶えないというものです」

と証言するのです。

現在は『のん』という芸名で活動している能年玲奈は、ギャラを巡ってもめて、

独立の意思を見せたことが、現在事実上干されている原因ともいわれています。

マリエも、もともとはレプロの所属でした。

彼女も事務所とモメて干され同然になり、海外留学という名の『左遷』
をさせられたといわれています。

このほかにも、マネージャーとモメて事務所を追い出され、
故郷に帰ることを余儀なくされたグラビアアイドルなどもいるようで、

「業界内では、
『いつどうなるかわからないレプロのタレントには気をつけろ』といわれています。」

このような例もありますが、今回の細川茂樹さんの場合は、“自らまいた種”のようです。

解決には時間がかかりそうですね!

スポンサーリンク

中居正広との厄払いの話は?

2016年の暮れ、中居正広がMCを務める、バラエティ番組
「中居正広のミになる図書館」に出演し、細川氏は、不安を告白していたのです。

「毎年2回厄払い行ってる。不安で不安で」と告白したのです。

「山口の方で鳥居を立ててきました」と鳥居を奉納したことまで明かすと、

陣内は「全くそんなん(厄払いなど)行かないでしょ?」と中居へ問いかけたが、

中居さんの答えは、

「神社なんてここ何年も…(行っていない)10代から行ったことない。厄払いもやったことないし」

と答えたのです。

「(前厄、本厄、後厄に当たる)40(歳)、41(歳)、

42(歳)の3年間、体調も…(良かった)1回も風邪もひかなかった。
お仕事もすごかったね。40(歳)の年が一番働いてたから」

と回答したんです。

45歳になる細川氏はどのような思いで聞いていたのでしょうか?

さらに続けて

「43(歳)の時にうちのパパが死んだのよ。(厄年が)終わって2週間くらいで亡くなったのかな?。
で、その年にノドの手術をした」と振り返り「後々厄みたいな。で、その次の年にバタバタした」

とコメントしたのです。

“厄”とは、直接的表現しませんでしたが、“・・・みたいな?”といったのでした。
今年のグループの解散騒動を彷彿させるような大胆な発言でスタジオを沸かせた。

“怒ったりする行動は自分が弱いから、虚勢を張ってする行動!”

ともいわれるように、細川氏には、何かの不安が付きまとっており、

“厄払い”をする必要に迫られたという事も出来るのです。

ネットの反応は?

サムデイは損に信用されていないようですね!

まとめ

厳しい指導なのか?パワハラなのか?

受けた人がどう感じたかがポイントになるわけで、パワハラの事実は、

避けられそうにありませんね!

事務所にとっては、“稼ぎの主因”なのでそう簡単に首を切ることはないのです。

ましてや、上司にたてつくのは、普通サラリーマンでは非常に少なく、

考えにくい現象なのです。

まさに、“パワハラ的行動”が訴えであり、社長への反逆でもあるのです。

これほどの行き違いが生じると、元の鞘に収まることは難しいようです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク