飯田祐馬(カナブーン)が清水富美加の不倫相手だった!どんな男か?画像や家族が気になる?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

清水は千眼美子名義で17日に出版した著書「全部、言っちゃうね。」で、

出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづっていたことを巡り、

ネットでも騒然となり、その相手は誰かと、噂で盛り上がってましたが、

人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、

飯田(めしだ)祐馬(26)が、“出家”という行動が自分に原因があったのではないかと心配になり、

“申し訳ない!”

と告白したのです。

大方の予想では、既婚者にはなっていなかった飯田祐馬さんとはどんな方で、

事務所は如何に対応するのかに、迫ってみました。

清水富美加が洗脳されて出家し芸能界引退!親族、両親も「幸福の科学」信者か?の記事はコチラ

清水富美加の出家は、父の借金返済のためで、幸福の科学芸能事務所への移籍だった?の記事はコチラ

スポンサーリンク

飯田 祐馬のwiki風プロフ

◆ 名前:飯田 祐馬(めしだ ゆうま)

◆ 本名:飯田 祐馬(いいだ ゆうま)

◆ 生年月日:1990年6月27日(26歳)

◆ 出身地:大阪府

◆ 血液型:A型

◆ 身長:165㎝

◆ 体重:53㎏

◆ 学歴:大阪府立泉大津(または信太)高校、

◆ 職業:バンドマン

◆ 特徴:高所恐怖症、蟹アレルギー、

◆ 家族:既婚、両親、姉(3人のお子さん)

飯田さんは、KANA-BOONに加入する前は、別のバンドで、
BUMP-OF CHICKENのコピーしていて

BUMP OF CHICKENっぽいバンドの所属していたという事で、
KANA-BOONとは違った雰囲気のバンドにいたようです。

飯田祐馬は、KANA-BOONの中では、お笑い担当で、

『ミュージックステーション』に出演した際には、

自分の写真をプリントした「めしだTシャツ」を着ていたことで話題になったのです。

そして、以前のラジオでは、好きな女性のタイプは

“きゃりーぱみゅぱみゅ”だと語っておりましたが、

実際は、清水富美加(千眼美子)だったのですね!

 

清水富美加と飯田祐馬の馴れ初めは?

 

二人の出会いは、2014年に音楽番組『スペシャルエリア』の司会をしていた清水富美加と、

ゲスト出演した飯田祐馬が出合い、交際に発展したようです。

このころは、すでに飯田祐馬は、すでに結婚していたわけです。

2015年の1月には、富美加さんは、

ギターを購入して楽しんでいるとツイッターでつぶやいていたのです。

テレビでもギターについて練習している事を話しておりました。

しかし、飯田祐馬には、奥さんがいることを知り、別れることとなったようです。

思わぬ地雷を踏んでしまったという事でしょうか?

しかし、どこかの方とは違い、“潔い”のは、大したもので、

億さんとも話が終わっているようなので、“やれやれ”と言うところでしょうか?

スポンサーリンク

今後の飯田祐馬の活動やKANA-BOONへの影響は?

飯田の所属事務所は、

「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。
どんな処分でも受けると言ってます。
今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています。」

と説明した。

飯田は破局したとはいえ、清水が仕事や今までの友人関係を断ち切り、

突然、出家という行動に出たことの一つの要因になったかもしれないことに

責任を感じ、事務所側に全てを明かしたのです。

飯田の所属事務所は、

「今後の活動などに関しては協議中」

とし、近く対応を発表する見通しですが、

「本で清水さんが“好きだった人も忘れました”と書いているように、
2人の中で気持ちの整理はついている。
処分が出るにしても活動に大きな影響はないのでは?」

と関係者は話しているのです。

ネットの反応は?

https://twitter.com/0216OgTa/status/833808506981478400

驚きの声が多いようですね!

まとめ

バンドマン、とりわけ、“ロックバンド”は何故(?)持てるのでしょうか?

チョットした機会があればすぐに仲良くなれるのですね(笑)

ベッキーもそうでしたが、今回は、“ウソ” “隠し”がなく、

自由な恋愛であり、正直に告白したのは、良かったと思いますが、

“不倫”は良くないですよね!

一般人も結構“遊び=不倫“はしているでしょうが、明るみには出ませんよね!

それは、ニュースの価値の問題と、世間に与える影響が小さいことによるのですよね(笑)

奥さんも穏やかではないことでしょう!

今後が心配ですね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク