中田芳子(逆さ歌)のWiki風プロフィールや経歴?学歴や家族は?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

たけしのニッポンのミカタ!【知られざる!?ニッポンのレジェンドを探せ!SP(2)】

で、まさか逆さま!?奇跡のリバースシンガーとして、中田芳子(84歳)が出演します。

日本のリバースシンガー(逆さ歌を歌う人)なのですが(エレクトーンの講師でもある)

“逆さ歌”を皆さんはご存知ですか?

私は、初めて聞いたのですが、“回文”がもとで興味が湧きこの道のレジェンドとなられたそうです。

“回文”も知りませんでしたよ(笑)!

そこで、早速調べてお知らせいたします。

清水富美加の出家は、父の借金返済のためで、幸福の科学芸能事務所への移籍だった?の記事はコチラ

スポンサーリンク

中田 芳子のwiki風プロフ

◆ 名前:中田 芳子(なかたよしこ)

◆ 生年月日:1931年?月?日(84歳)

◆ 出身地:台湾・台北

◆ 職業:音楽講師(エレクトーン)

◆ 特技:回文作りと逆さ歌、

あと習志野市内で保育ボランティアの活動もしているようですのでかなり活動的ですよね!

リバースシンガーというのは彼女独自の造語と言いますが、
十分英語的表現になったいるようにも感じます。

もともと小さい頃から「回文」が得意で、

2008年10月には「日本全国ご当地回文」という書籍まで
だしているほどですので、もう趣味の域を完全に超えちゃっていますね!!

スポンサーリンク

回文と逆さ歌は?

回文とは?

少し長いもので言うと

「たけやぶやけた」や「にわとりとことりとわに」

などですね~、

因みに回文の方を始めて知った時は衝撃的でしたね!ビックリしました。

“前から読んでも、後から読んでも同じになる”という文章のことですね!

短いのならすぐにわかるのですが、

「滑らかに卵のソース落とし、飯とお酢をその後また煮からめな」
(ナメラカニタマゴノソオスオトシメシトオスオソノゴマタニカラメナ)

「飛騨の夕景色に見とれ、彼と見にきし今日、湯の旅」
(ヒタノユウケシキニミトレカレトミニキシケウユノタヒ)

こうなると長すぎて、訳が分からなくなりますよね!

カタカナで表し確認してみてください。(笑)

逆さ歌とは?

逆さ歌とは録画や録音をして、逆再生をする事によって
きちんと歌として聞こえるというものです。

そんなの聞いたことがありませんよね!(笑)

裏を返せばきちんと歌に聞こえるように逆に歌うという特殊な技法だそうです。

方法としては全てをローマ字に落とし込み反対から読むというカタチです!

因みにリバースシンガーになったきっかけは、

テレビ局の人に回文ではなく、逆回転で歌を歌えたら

出演させてあげると言われた事だそうです。

Youtubeがありますのできいてください。

2つだけにしましたが、かなりたくさんあるようです。

お声がお若いのには驚きですね!

まとめ

ともかく、お若いのには、驚きですよね!

目標に向かって、日々精進していると、
このようになるのでしょうか(笑)

中々、真似できませんね!

まだまだ、90,100歳になってもお元気そうですね(笑)

「死んでいる暇はない」と言い切る84歳の野望は尽きません!!

目標は、 ”海外進出” だそうです。

中田さんは、台湾で出会った特攻隊員の生き残りの方と戦後に御結婚されたのですが、

お子さんや家族についての情報はありませんでした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク