清水富美加の出家は、父の借金返済のためで、幸福の科学芸能事務所への移籍だった?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

人気女優の清水富美加さんの父親が、借金5000万円で、自己破産していた!

その借金返済のために出家した!と週刊文春が報じました。

さらに、本の出版し、印税の稼ぎや、芸能活動を継続すると言ったのは、

幸福の科学・芸能時事務所(ニュースタープロダクション)への移籍だったことが分かりました。

清水富美加さんの行動が、どんな関連で動いているのでしょうか?

現時点での情報を纏めてみました。

清水富美加が洗脳されて出家し芸能界引退!親族、両親も「幸福の科学」信者か?の記事はコチラ

清水富美加はかわいく、名俳優だった!映画、テレビ、CMの名場面は?◆タイトルの記事はコチラ

スポンサーリンク

週刊文春の情報は?

「出家の決心したきっかけは、1月17日に行われた大川隆法総裁による“守護霊インタビュー”
に彼女自身が感激したからだと言われています。
しかし、その裏にあるのは、彼女のお父さんの存在だったのです。」

両親が離婚し、に姉妹は母方へ、彼女は、父親と二人で暮らすことになったそうです。

実は、昨年11月に父の会社は、破産していたのです。

会社は、ホームページ作成やイベントの企画などをする会社ですが、
うまくいかなかったようです。

文春砲は、これと何らかの関係があるようだと報じております。

 

大川隆法総裁のインタビュー著書は?

2013年に発売されたある本では、一体透視で何を探したのでしょうか?

「遠隔透視、ネッシーは存在するか?」では、

① 2本の長い触角があるサメに似た生物?
② 全長5メートル前後のカメの仲間?
③ 身長1,5メートルの宇宙人?が熱しが他の乗り物にやってきた?

と著書には記述されているのです。

ネッシーの話題は、長年のミステリーであったのですが、
イギリス人のいたずらで会ったと告白されて、
一件落着となったのです(笑)

過去には木村拓哉、星野源、秋元康・など坂本龍馬霊・オバマ、プーチン、
トランプ(ほか多数)など様々ですが、
それは“ネッシー”と同類のようです。

【幸福の科学は大川隆法の宗教という“芸”?】


意外な表現が飛び出しており、一見の価値があります。

スポンサーリンク

幸福の科学・芸能時事務所移籍の本音は?

17日に出版された「全部言っちゃうね」の中では、

“再び皆さんの前に現れる”

と書かれていたのです。

出家して、神に仕える身

“千限美子(せんげんよしこ)”

になったのに、また皆さんの前に現れるとはどういうことでしょうか?

どうも、「ニュース・プロダクション」の方に移籍するという事のようです。

ニュース・プロダクションとは?

◆ 社名:ニュースター・プロダクション株式会社

◆ 代表者:大川 宏洋

◆ 事業内容:俳優、歌手、声優、モデル、ダンサー、
タレント等の養成・マネジメント業務
映画、テレビ・ラジオ番組、インターネット配信番組、
CM等の企画・製作業務
音楽出版、CD・DVD等の企画・製作・販売業務
広告代理業務
各種学校・文化教室の運営業務

社長業と共に、俳優や劇団新星の座長も行っております。

5月には、「君のまなざし」が公開されます。

<Youtube>

週間連なので、“霊界”がテーマですね!

大川代表者(ニュース・プロダクション)の考えは?

社長の御挨拶の中では、

「『この世のなかで、何が、いちばん美しいか』というと、祈っている姿がいちばん美しい」と。

人間が最も美しい瞬間は、神に対しての信仰の態度を表している姿であるということです。

ニュースター・プロダクションは、映画事業、音楽事業、
その他の様々な活動を通して、
人間がこの世でなし得る一番美しい姿というものは何であるかということを追い求め、
真の美とは何であるかということを、ここに新たに、
世の中に示していけたらと思います。」

と述べております。

大川隆法の家族は?

総裁は、1988年に、木村京子さんと結婚し、
5人のお子さんに恵まれております。

長男・大川宏洋、長女・大川咲也加、次男・大川真化輝、
三男・大川裕太、次女・大川愛里沙の5人んです。

実は、木村京子さんとは2012年に離婚されております。

理由が凝っております(笑)

現在の奥さんは、

“大川氏の過去世で妻”

だったそうで、寵愛したそうです。

大変面白い表現で、“こじつけ”もいい加減にしてほしい?
と思いますよね!

ようするに“不倫”じゃないですか?

現在の奥さんは、紫央さんと言い、32歳ぐらいで美人の方ですよ!

お子さんはおられませんが、総裁より29歳もお若いのですよ!

清水富美加の著書は?

2月17日には、「全部言っちゃうね」という暴露本を出版されました。

芸能界引退と出家のタイミングの直後で、
準備されていたと思われても不思議ではないのです。

僅か1週間足らずですからね!

出家の理由を色々記述しておりますが、

「何回も死のうと思った。自殺未遂もしたことがある。」

と、悩みがあったことを打ち明けております。

信者でしたが、大川総裁とはお会いになっておりませんが、どなたか信者の方から、

「ぶっちぎってもいい!人に迷惑をかけてもいいから、まず、自分を守れ!」

と、激励されて、進むべき方向を決めるように諭されて

“出家を決意!”したそうです。

出家したことで、すべてを捨てたことにより(好きな人、タバコを辞めた)

「肩の荷が下り、軽くなった」と、喜びを表現しております。

「もう絶対に死にません!」

と、強く宣言したのです。
確かに、命を守ることは何よりも優先することはよくわかりますが、

芸能界を辞めて、出家するプロセスは、この方法だけでしょうか?

周囲では、混乱が生じ、困っている方も大勢居ることは、
考慮されていなぬk手、自己中心的暴挙と言われても仕方がありませんね!

出版本は、かなり売れており、芸能界の裏事情本として貴重な文献となることでしょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

清水富美加さんの画像が見れないのは、残念ですが、

暴露本では、力強く生き、未来の楽園を夢見ている笑顔が想像できそうです。

これからは、賠償金の壁が、立ちはだかっており、
教団が肩代わりするようなことになるでしょうが、

清水さんは、これにも縛られるのですよね!

しかし、“幸せの考え方”は、千差万別であるわけで、
“幸”を神とともに感じ歩んでいるのですから、それでいいのでしょうね!

幾久しくお幸せに!!と祈らずにはいられません!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ