乳がんと闘う芸能人スペシャル 佐々木健介緊急出演! (小林アナ、北斗昌の場合)

佐々木健介

<何イケ緊急特別企画>
「私の何がイケないの?」

女性に最も身近ながん
「乳がん」を考える

2015年10月19日(月)TBS放送された。

◆小林アナ(元女子アナ・お笑い芸人、33歳)の場合
小林アナ
2年前、区の子宮頸がんの無料検診を受けたが、
ついでに有料の乳がん検診を受け、
偶然乳がんが見つかった。

シコリのない乳がんだった!

「乳がん=シコリと思っていたので、
ガンじゃない!と思った」

しかし、その後 片胸を全摘出した!

しこりの大きさは、ないのです。

どのように発見したのか?は、

「マンモグラフィーだった。」
(乳房を圧迫版で薄くのばし、レントゲン写真を撮影した。)

「しこりのない乳がんは、この10年間で5倍になった」(森田先生談)
「乳がん患者全体の20~30%と推定される」

「手術方法は、乳房同時再建手術でした」

(1回乳がんを取り除き、なくなった旨を再建する方法です。)
(胸の下を切開し、特殊なシリコンを挿入するというものです。)
手術時間は3時間でした。

「ほとんど前通りなので、すごく感動した」

しかし、不都合もあります。

スポンサーリンク

「感覚が不十分で、硬く感じます。」

「保険適用外だったので、約100万円でした。
現在は、保険適用が認められ、費用負担が軽減されております。」

術後の治療はナシです
全摘出して、転移の可能性も低く、無治療です。

ーー(乳がんには、
「浸潤性乳がん」・・入館を突き破りしこりになるため、その後転位の危険性のあるがん。

「非浸潤性乳がん」・・乳管の中だけで増殖するため、乳房を摘出してしまえば転移の心配はない

の2種類の乳がんがある。ーー

◆北斗昌について佐々木健介が言うには、
佐々木健介
「うつ伏せになった時に、右胸がチクッとするって言った。」
「変だな! 変だな!」と言っていた。
「ある時には、何か違和感があるな!」
「お風呂に一緒に入った時に、鏡を見て!”えっ!”と言った。」
「ちょっと見て、乳首の位置が変なんだけど?」

「ちゃんとした位置じゃなくずれていたんです。」
「突っ張っている感じがする」っていった。

(乳がんの症状で、乳首の近くのがんが周囲の皮膚を引っ張り
乳首が「ずれる」「へこむ」という症状が出る場合があるんです。)

「北斗昌の場合は、ブラインドスポットにあったので発見しづらかった。」

(レンントゲンで乳首の裏側にあるがんは、
乳頭付近と同じく白く映ってしまい見つかりにくいのです。)

「しこりの大きさは、2,5㎝だった。
手術予定の2カ月少々で約5㎜くらい大きくなったのです。」

(最新医療で画期的な痛みの少ないマンモグラフィーが!
開発された、3Dマンモグラフィー=トモシンセシスです。)

(アメリカでは、1880台普及しているが、
日本は受けられる場所は少ないです。)

(精度の高い技術の普及が、
乳がん早期発見のカギを握っております。)

「手術方法は、全摘出でした。」

「乳首を残せないかを問うと、位置がずれたり、
壊死してしまうかもしれない」

と言われ、

「泣く泣く本人は取る形にし手手術を行った。」

「手術後、自分の胸を観ることができなかった。」

そうです。

「ず~と見れなかったが、結婚記念日に覚悟を決めて自分で見た。」
「泣いていた」そうです。

「進行の早いがん、広がってしまうがんだったんで、
脇の方にも出来てしまったんで腫瘍が・・・
2ヶ月ちょっとの間で、約5㎜くらい大きくなってしまったのです。」

先生の解説では、

(最先端医療では、
痛みが少ない3Dマンモグラフィーや
自分の皮膚で乳首再建できるまでに医学は進歩した!)

佐々木健介曰く、

「自分の家系には乳がんの人がいない。
遺伝だって話を聞いたことがあったので・・
まさかな1と思った。本当に衝撃だった。」

スポンサーリンク

森田豊先生解説では、

(実は遺伝が関係するがんはおおよそ5%~10%程度です
残りは、生活習慣が原因です。
例えば、
「お酒をたくさん飲む」
「喫煙」
「年取ってから肥満になる」
「お産をしていない、授乳していない」

割合では、
遺伝・・約5~10%
タバコ・・約30%
食生活などの生活習慣」・・約30%
原因ナシ・・約30%

です。)

◆乳房再建手術…胸がキレイな形に復活する!
さらに乳首をリアルに再現!岡山大学の手術法とは?

2008年女性医師をメインに乳がん治療再建センターが設立された。

①高度な治療が必要とされる、自分に皮膚を使った乳首の再建手術がある。
②術後ケアに、下着会社と女性用ブラジャーを共同開発した。
3000種類から選ぶことができる。
③担当医との信頼関係を築くことも重要。

◆北斗さんは

抗がん剤治療を半年で8回、次が
放射線治療、その後にホルモン治療を行います。

「笑うことがすごく免疫力を上げる。と聞いたので、
子供たちと一緒になって笑って、いい雰囲気を作ってあげたい。」

「笑うことでアNK細胞を活性化して免疫力が高まるのです。
また精神的にもよいことです。」

<がんと闘う上で最も大切なこと>
「母の励みに感動」アグネス
「子供が笑わせようとした」小林
「息子を残して死ねない!」園田
「ある映画を見せた」健介

◆妻・北斗晶の乳がんについて佐々木健介も
息子たちに伝えるかを悩んだというが、

夫婦は息子に映画のDVD(余命1ヶ月の花嫁)を見せ、
すでに両親の異変を察知していた長男からは
「ちょっと分かっていたよ」と言われたという。

佐々木は、妻は「子どもたちじゃなくて私でよかった」
「子どもたちが白髪の生えた姿を見たい」
と言っていたと明かした。

「ガンになったのは私で良かった。子供たちじゃなくて・・」
「でも私は子供たちが、白髪が生えたすがたをみたいな!」
といってくれたのでみんな明るい雰囲気になったのです。

「ガンどっか行け!」っていうぐらいの
元気でやってゆきたいと結んだ。

西川史子は、がんは2人に1人がかかる病気で、
今はがんが治る病気になったのでほぼ告知をする、
恐れることなく早期発見をしてほしいと話した。

友利新は、北斗の報道がのおかげで、
検診率が格段に上がったようだと話した。

小林アナ、、北斗昌の場合は以下にあります。

⇒乳がんと闘う芸能人スペシャル 佐々木健介緊急出演 (アグネスチャン、園田マリアの場合

スポンサーリンク

関連記事はコチラ